2011’04.28・Thu

Alchemy Player Free化の話

Camel AudioAlchemy Player
Freeになりました!

Alchmy_p

Alchemy Playerは同社のAlchemyの簡易版で、主にサンプルパックに付属したり
安価で販売されてたりしました。
私は、以前にCamel Audioでチャリティーセールがあったときに
Planet Earthというサンプルパックを買った最についてきて持っていました。
Camel Audio製のサンプルロムプレイバッカー的な位置づけですね。
簡単なエディットやX-Yパッドx2でモーフィングっぽいエディットもできたりします。
右側にあるRemix PADは予め設定されているものにパラメーターを変更できるんですが、
ボタン式ではなくて、無断階にカーソルを動かせるので、連続的に変化させれるんですね。
X-Yパッド、Remix PAD、どちらもMidi learnできるのでコントローラーにアサインしたり、
オートメーションで動かせたりします。
ノブ類も右クリックからMidi learn設定ができます。
このVerからsfzの読み込みもサポート。
いつのまにか64bit版もリリース。

拡張の音色セットも実用的な物が多く安価なので気に入ったら買い足してもいいかもですね。


DLするには
Alchemy Playerのページの右のほうのDownloadを押すとメアドを入れるページがでるので、
メアドを入力します。
チェックボックスはニュースレター有無なので要らない人はチェック無しで。
入力するとダウンロードリンクが送られてきます。
リンクを踏むとプレイヤーそのものを落とせるのと同時に、音色パックに入手方法の解説が
表示されます。

ユーザーアカウントを作ってログインし、
supportに入ると左側にProduct Downloadsがあるのでそこからダウンロードしてください。
このときにこのページの一番上のKeyfileも落としておいてください。
Keyfileはインストールする際に必要になります。
インストール終盤でKeyfileのあるフォルダをきいてくるので、指定して食べさせてください。
(デスクトップに置いて、デスクトップを指定で構いません)
このKeyfileは食べさせると無くなっちゃうので、再セットアップの最は、
またDLするかバックアップを取っておくといいかもですね。
インストールの最は音色ライブラリも必要になるので両方揃ってからインストールしましょう。

音色の設定はプレイヤーの上部の黒いとこの一番左が音色パックのセレクト。
真ん中がカテゴリで一番右が音色名です。
音色名の右にある矢印で音色表をださずに送っていけるので、
音色を鳴らしながら探すときはいいかもしれませんね。

簡単な解説でしたが、気になった方は試してみてくださいね。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(5) TOP
Categorieプラグイン

 |TOPBack