2012’03.19・Mon

Waves V9r1リリースの話

ついに待望のWaves V9 がリリースされました!

とりあえず詳細は本家から。
代理店のほうにも載ってますね。

今回のver.upでの目玉は二つ。

1つはV9からiLokが不要になりました。
ライセンスはV9に同梱されたアプリのWaves License Centerでwaves側とやり取りして、
任意のデバイスに格納できるようになりました。

WLC

こんな感じ。

V8からのアップグレードの場合は、本家サイトにログインすると自分のライセンスが表示されます。
そこでWUPが有効であればver.upの項目が押せる状態になってるので、
押して進めることでV9のライセンスとなります。

そしてV9のインストーラー(オフラインインストーラーが良いと思います)をDLし、
インストールします。

インストール後、
Waves License Centerを起動してWavesのアカウントでログイン。
これで画像の1のとこに自分のライセンスが表示されます。
されない場合はRefreshを押してください。

画像の一番左がライセンスを格納できるデバイスの表示です。
USBメモリがある場合はここに表示されます。
(私は適当なUSBメモリがなかったのでUSBメモリは表示されてません)

HDDにもライセンスを格納できるので、今回はHDDに。
1で格納したいライセンスにチェックを入れ、2で格納するデバイスを選択します。
あとは右下のでっかいボタンを押すことでライセンスを格納することができます。

このライセンス方法に変わったおかげで、自由にライセンスをクラウドを通して
他のデバイスに移したり
デバイスの破損時のライセンス復旧ができるようになりました。


もう一つの目玉は64bitへのネイティブ化ですね。
64bitネイティブのdllやshellが同梱されました。
このおかげで64bitホストを使ってる人はブリッジを介さずに運用できるようになりました。

うちの場合だとSONAR X1 Producer Expandedを64bit版で使ってるので、
今まではブリッジを介してWavesを使っていました。
V9では、こんな感じ。

64bit

ブリッジだと青い窓になるんですが、それが無くなり
プラグインの窓にフォーカスが行っていても
トランスポートが有効になりました。
何気にこれって大きいかもヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

動作そのものは読み込みも含めて安定感が上がったのと
ブリッジでの運用時だと、何か特定の条件が重なるとメモリもCPUも全然余裕があるのに
2拍4拍?みたいな感じで音が鳴らなくなったりとか変なことに
なっちゃってたのが無くなりました。
(うちだけかも(;´Д`))


そんなこんなで
FL studio 10
SONAR X1 Producer Expanded 64bit版
Pro Tools 10
で、動作確認をしてみました。

FL studioではV8だとWavesのプラグインのVer.を確認する窓を出すと
閉めれなくなる不具合がありましたが、
それが修正されています。

SONAR X1 Producer Expanded 64bit版は、ネイティブ64bitで運用。
上のほうで書いたような感じ。

Pro Tools 10では、ぱっといじった感じでは問題無し
■追記■
PT10(RTAS)の場合、プラグインスロットを移動したり新規に挿す場合に
何かしらの条件でライセンスが無いといわれてしまいプラグインを
挿せなくなる事があります。
それが起こるとプロジェクトを閉じてPTを終了させようとしても
終了されない状態になり、タスクマネージャーから切らないと
いけなくなることがあります。
(私の環境の固有のトラブルなのかもしれませんが・・・)
■追記ここまで■


ここからは、気になる話です。
今回のメジャーアップデートはr1と言うことで不具合があるようです。

某スレに書かれていたので検証してみたのですが、
特定のプラグインを挿入→削除→挿入と繰り返すとDAWごとクラッシュします(;´Д`)

この不具合はVST,VST 64bitで再現性がありました。
VST3のほうは確認していません。
(FLはVST3も扱えますが、以前V8のときにうまく読み込めなかったので・・・)

プラグイン規格がRTASのPro Tools 10ではこのような現象は起こりませんでした。

やっかいなのが「特定のプラグイン」てとこで、
どのプラグインがこのような問題を起こすのかは総当りで検証しないといけないことです。
とりあえず、スレにあったC1は確実にこの現象が起こりました。

もしかしたら、まだまだ何かしらの不具合を抱えてるかもなので
心配な人はV9r2がリリースされるまで様子見したほうがいいかもしれませんね。

■追記■
現在ver.upが出来ないという方が結構いるようです。
何度もやったら出来たという人もいるようなので、
wavesのサーバへのアクセス過多が原因かもしれません。
■追記ここまで■
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

 |TOPBack