Neutron、Neutrinoについて触ってみるほど疑問というか、うーんとなる部分が多かったので
少し書いてみます。

ずっと弄ってる曲にNeutrinoを挿して、おおっとなりNeutronも期待していました。
Neutrinoは操作も簡単で良い感じだと思います。
重さも全然許容できる範囲です。
しかし、これを挿してるトラックが増えていくと音が濁ってくるように思うのです。
単純に私の扱い方が良くないのが原因だと思うのですが、たくさんのトラックに挿すのは
あまり良くない感じがします。
mixし直しの作業の中で結局ほとんどのNeutrinoを外しました。
外さないほうが良いトラックもあったので適材適所なのかも。

Neutron。
こっちは個人的に全部入りとモジュール単体で評価が違ってくると思います。
全部入りは、総合的なチャンネルストリップで目玉のアシスタント機能があり、
Neutrinoを最後段に装備しています。
どれだけこの目玉機能を使うかで評価が分かれる感じです。
アシスタントを使うとほとんどの場合、EQ、マルチバンドコンプ、エキサイター、Neutrinoを
使った設定になるので、1つでも結構な重さになります。
もちろんアシスタントが作った設定も調整できるので、余分な物はオフにしたりできます。
が、やっぱりたくさん挿せるほど軽くは無いかも。
あと欲しい音にならなかったり、結局自分で他のプラグインを積んだほうが
軽くて納得いくものだったり。
なので、困ったときに提案してもらう程度に使うほうがいいのかなと。

単体モジュールのEQでもマスキングメーターが使えるので、
こっちのほうが使用頻度は上かもしれません。
他のEQと比べるとやっぱり重い・・・。
使い勝手は悪くないのになぁと。
このEQ、ダイナミックEQにもなるので人によっては便利度がかなり高いかも。
あとEQのおすすめポイントの提案も受けれるので、とりあえずEQポイントだけ
設定してほしいって時に便利です。

他のモジュールはUIが操作しやすいので良いなぁと思うのですが、
音は魅力を感じないかなぁと思ったり。
エキサイターなんかはOzoneのモジュールのほうが音色の幅が広いので
Ozoneの単体モジュールを使ったほうがとも思うのです。


などとなどと実際に導入して感じたことでした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

 |TOPBack