2017’02.19・Sun

NATIVE ACCESS の話

Native_Acces

今回はNative Instrumentsの管理ソフト NATIVE ACCESSのお話です。

最近、物欲ゲージが溜まってたのでUAD2を増設しようと思っていたのですが、
PCI-Eのスロットの問題や世代の古いUSB3の問題で無理っぽい感じ。
それならその予算でPCをアップグレードしちゃおうということで、CPUやらマザーボードやらを
新しくしました。
なにやらAMDからすごいCPUが出るとかで時期が悪い感もありますが・・・。

丁度良い機会なのでwindows 10にも移行しました。

そして再セットアップで一番時間のかかるのがDTM関連です。
特にディスクメディアからのインストールは時間がかかるし、ディスクの入れ替えや
毎回のパスの指定で結構な手間と時間がかかります。
NI関連はHDDで供給してる物もありますが、それでも毎回のパス指定があるので放置できません。

そんなものぐさな私に福音となるのがNATIVE ACCESSです。
NIのSERVICE CENTERに代わるソフトでNIからダウンロードできます。

NATIVE ACCESSの良い所は、
NIアカウントに登録されてるソフトをダウンロードからインストール、認証を自動で行ってくるれところです。
インストールしたいソフトのボタンを押しておけば後は放置しておける凄いやつなのです。
これのおかげで寝てる間にDL、インストール、認証と終わってしまいます。
いちいち部屋の奥に埋まってるボックスを発掘しなくて済みます。

しかし、良いところだけでは無いのも事実です。
アカウントに登録されてるソフトが対象なのですが、ディスコンされたソフトやライブラリは
対象になりません。
なのでディスコンされた物を入れたい場合は、やっぱりメディアからとなります。
今回の私の場合は、丁度過去のプロジェクトの互換のために入れてたのをやめようと
思ってたので問題とはなりませんでしたが。

サードパーティ製のライブラリのシリアルはこのソフトでも通せますが、
結局あとでKONTAKTでライブラリ追加する際にSERVICE CENTERが起動しちゃうので
あんまり意味が無いかも?
入れておけばSERVICE CENTERが起動した際にすでにシリアルは入力された状態なので、
okのボタンを押すだけではあるのですが、何かうーんて感じ。

動作としては進捗バーが止まったりする場面がわりとあるんですが、
ちゃんと中身は動いてるので気にせず放置で大丈夫です。

個人的に今回の再セットアップはNATIVE ACCESSのおかげで、かなり時間と手間を
省けました。

NATIVE ACCESSのお話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

 |TOP