2017’04.29・Sat

続 Reference 3の話

Reference 3と拡張のSystemwideを購入しました。

価格を代理店や海外のショップと比較して
Audio Deluxeでカートに入れて4月のプローモーション適用で一番安い感じでした。
拡張のほうは、本家でしか扱っていないため本家のUSショップのほうで購入。
本家ストアは€99で本家USストアで$99だったので、為替を確認して$決済しました。

ライセンスに関してなのですが、ライセンスの確認はプラグイン側とOSに常駐する
拡張側どちらでも出来ます。
そしてライセンス追加もできるように見えるのですが、実はプラグインのライセンスは
プラグイン側で追加しないとだめな感じでした。
拡張側から追加しようとしても「追加できないよ」って最初言われて、あれれ・・・と。
それ以外はトラブルも無く動作しています。

Windows環境だと拡張側のバッファ調整できるのですが、
あまり余裕を持たせすぎるとノイズの原因になるような感じでした。
なので、私の環境では128サンプルにしています。

実際の作業で使ってみると低いほうの判断がしやすくなったなぁと思います。
空間系もわかりやすくなった感じ。
ARCみたいに補正してます!感が無いので自然に聴けるのは大きいと思います。
あとは拡張でOS上の全部に補正がかかるのも大きいですね。

DAWは拡張側での補正は通らないみたいでプラグインを挿す必要があります

続 Reference 3のお話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

 |TOPBack