2009’06.02・Tue

ミックス本の話

エンジニアが教えるミックス・テクニック99 (CD付き)エンジニアが教えるミックス・テクニック99 (CD付き)
(2009/05/29)
葛巻 善郎

商品詳細を見る

先月末に発売された
「エンジニアが教えるミックス・テクニック99 (CD付き)」を購入しました。

DTMを始めて曲が出来た後にアレンジして、
次に「どうやるのなぁ」と困るのはミックスの作業だと思います。
そして、作曲や理論本と比べて圧倒的に種類が少ないのが
ミックス関連の本だと思います。
なのでこのての本は気になっちゃうので購入してみました。

内容的には全体を4章にわけてあります。
章内の各項は2ページずつで構成されています。
なので全体的に広く浅くというか、広くポイントポイントで書かれてる感じですね。

1章では各トラック別にポイントが書かれています。
例えば、女性ボーカル、男性ボーカル、バッキングボーカルといった感じです。
生ピアノとピアノ音源やベースも何種類にわけて書かれているので、
カバーしてる範囲も広いと思うし応用が利くんじゃないかなぁ。
EQ、コンプ、その他それぞれで有効な物が書かれています。

2章では各エフェクターの基礎的な解説と著者流の使い方になっています。
個人的にダイナミックスプロセッサーが参考になりました。
SONAR 8 Pから同梱された
「TS-64 Transient Shaper」にあたりますね。
TS-64は、かなり面白いVSTなのでいろいろと遊べそうな感じですよ
なんていうか、ゲーム的に言うならチート性能ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

3章ではトリートメントと題されていて
ノイズ対策等の細かい処理みたいな感じの項目です。

4章からは2ミックスのお話です。
半分ぐらい著者の関わった作品を例として書かれています。
ここは実際に付属のCDを聴きながらのほうがいいかもですね。
個人的にマスターフェイダーでのレベルの書き方が参考になりました。

取り上げられてるプラグインは有名所が多いので
そういうのが好きな人には参考になるかも?

全体的にもっと細かく書かれてるとよかったかなぁと。
エフェクターの使い方やミックス初心者なら
個人的には
ムック エンジニア直伝!エフェクトテクニック基礎講座 CD2枚付き!! (リットーミュージック・ムック―サウンド&レコーディング・マガジン)ムック エンジニア直伝!エフェクトテクニック基礎講座 CD2枚付き!! (リットーミュージック・ムック―サウンド&レコーディング・マガジン)
(2004/03/24)
不明

商品詳細を見る

こちらを勧めたいかなぁと思います。
私はこっちの本のほうが、
いろんなエンジニアの方の手法が見れますし初歩的な事も
解説されてて読み物としても面白いかなと思います。

「エンジニアが教えるミックス・テクニック99」のほうは
初心者から1歩踏み出して、ほかにどんな感じのやり方があるのか?
みたな人に良いのかなぁ。

初心者で何にもわからない!って人は、
DTMマガジンの2008年4月号からの
「満田流ミキシングのお稽古 ADVANCE」を読むといいかもしれません。
ただ、数ヶ月連載が続き
その後の連載~音圧アップ系記事と続いてるので
結局いままでの全部読む必要があるし、
数ページの連載のために1冊1500円の雑誌を必要分揃えるのは
お金の無駄遣いかなぁと(´・ω・`)

なかなかこのての本選びは難しいですね・・・。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDTM全般
Genre音楽 ThemeDTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL