2009’06.07・Sun

作業中その2の話

昨日書いた教訓を見事に省みることなく
V-vocalでもやっちゃいました。
リズムと修正クリップだけ聴きながら作業してて、
こねこねと修正しまくってしまって
終わった~と作業終わらせて全部の音を
出しながら確認したら・・・。

え、なんですか、この異常に突っ込みすぎで
歌うこの子は(;´Д`)
あーあ、メインボーカルトラックのクリップ全部
修正してから確認したから全部やり直しです
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ついでに最後の段階になってコーラスの作り直し。
なんかすごく気持ち悪い鳴り方だったので。

やっぱり、作業に没頭してても常に客観視できないと
ダメですね。
反省反省(´・ω・`)

ついでに、ボーカルトラックの処理も変更。
SONAR 8のチューブシミュTL-64を使ってたんですが、
なかなか好みの感じにならなかったので
いつも使ってるVC-64に。
TL-64はすごく良い感じで音が膨らむ?んですが
まだ私だとうまく使えないかな。
今回は数トラック、マスタートラックに味付け程度に使ってます。
エレキギターやブラスにかけるとすごく良い感じになりますね。

今回は64bit版SONARで作業をしていますが、
使えるメモリの恩恵なのかV-vocalの作業でホストが落ちることが
全然ありません。
「ハイパーアクティブ」のときはクリップ編集→ホスト落ちが、
かなりあったので今回はある意味楽になりました。
もっと64bit環境、普及しないかなぁ。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDTM全般
Genre音楽 ThemeDTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL