2009’08.09・Sun

マスタリング本の話

以前、購入したマスタリング本のお話。

マスタリングの全知識 CDから配信まで(CD付き)マスタリングの全知識 CDから配信まで(CD付き)
(2008/10/30)
葛巻 善郎

商品詳細を見る


エンジニアが教えるミックス・テクニック99 (CD付き)を書いた方の本です。
全体的に柔らかい文章なので読みやすい本です。

ミックステクニック本の後半あたりに簡易マスタリングが書かれてますが、
「マスタリングの全知識」のほうはもっと突っ込んだ話が書かれています。

マスタリングの必要性、マスタリングシステム、
コンプレッサー、EQ、リミッターマキシマイザの解説、波形編集、
mp3用のマスタリングが書かれています。

具体的な機材の紹介が多いのもミックス本と同じで、機材好きには
楽しいかもしれません。
この機材でどれぐらいの数値にすると、こうなるよ的な感じで
設定と実際の音が収録されています。
同じ機材を持って無くても、指針として参考になると思います。
ただ、あくまで指針で自分が持ってる機材でアレンジする必要は
あります。当たり前ですけどね。

マスタリングってブラッシュアップの作業だと思えばいいのかな。

ミックス本に比べて書くことがあんまり無いんですが、
それは内容がマスタリングに絞られてるからかな。

読んだ後にマスタリングを実験してみたんですが、
なんというか・・・素人がやると元よりひどくなりますね(;´Д`)
それは何が必要で何が不要なのかわからないからでしょうね・・・。

あとDTMやってる人だと2mixの
マスターで完結する人が多いからマスタリングが
不必要っぽくなるんでしょうね。
2mixのマスター完結だと、どうしてもそこで音圧を
がんがん上げちゃって0.1dbぐらいまでしちゃったり。
もしかして私だけ?(;´Д`)

マスタリングをするならそれを見越して、
マスターで頑張りすぎないようにしないとダメですね。
頑張るのはマスタリングでみたいな。

マスタリングによって平面なミックスなら面積が、
立体的なミックスなら容積が増えるので(本の受け売り)
マスタリングが出来る環境ならやったほうがいいんだろうなぁ。

ミックス本はわりと即戦力になるので、まずミックス本。
その先のマスタリングってなんじゃろ~?ってなったら、
マスタリング本という感じに買えばいいんじゃないかなぁ。

■■■
関連記事
ミックス本の話
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDTM全般
Genre音楽 ThemeDTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL