2009’08.12・Wed

最近のお話

ついにT-RackS 3 Singlesのキャンペーン参加者が
2000人を超えました!
5個目のおまけのCSR Classik Studio ReverbのHall
貰えるようになりました。(黒いラックです)

1500人からかなり短期間で2000人に届きましたね。
やっぱり様子見してた人が多かったのかなぁ。

パッケージ版を購入した人は、代理店のディスクのほうにCSRの
日本語マニュアルも入ってるので目を通してみるといいかも
しれませんね。
といっても、CSRのEAZYモードならリバーブの基本的な
パラメータだけなので普通に触れるかな。
プリセットを選んでリバーブタイムを曲に合わせて
調整するだけでも十分かもしれません。

■■■
Native Instrumentsから
KONTAKTのフリー版のKONTAKT PLAYER 3.5
リリースされました。

■■■
KONATKTやHALionを使ってる人向けのサンプルキットで
良いなぁと思ってる物。
SampleTekkPMI The Emperor。ちなみに$50。
他にもアコースティックピアノがいっぱい、その他もいっぱい
サンプルキットを販売してますね。
フォーマットはKONTAKT、HALion、EXS24、Giga Studio。

Analogue Drums
こっちは生ドラムのサンプルキットでフリー版もあります。
1キットまるまるフリーです。
こちらはKONTAKTやBATTRY、EXS24対応です。
製品キットのほうは$24.95~$14.95 とこちらも安価ですね。
デモも良い感じですが、フリーのキットを実際に
ダウンロードしてみましたが、十分実用できるレベルだと
思いました。

■■■
ある方の作品の作業をしていて
(MIDIで制作された曲の音源差し替え、それに合わせての
 データー修正、ボーカロイド入力、ミックス、マスタリング)
いろいろと勉強になったんですが、
ちょっとショックだったことがありました。

ボーカロイドの発声で自分の環境では意図してる音で
発音してるように聴こえても
他の方の環境ではそう聴こえない場合があるってことです。
これは、単純にミックスの結果なんかも該当するんでしょうが
ボーカルの言葉が違って聴こえてしまうのは大問題です。
(もちろんミックスが全然違って聴こえるのも問題だけども)
次から気をつけるようにしないとなぁ。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDTM全般

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL