--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’08.23・Sun

困った話

FL studioで作業してて、ちょっと困ったことに。

うーん、GUITAR RIG 3が読み込めなくなってるんですよ。
調べたらKOTAKT 3.5も駄目、FM8も駄目。
以前はこんな事なかったのに~と無い頭をフル回転させて
考えてみました。

この3つVSTiには共通点があります。
64bit版が後から追加されたってこと。
どうやら64bit版のプラグインを置いてる場所が悪いみたいです。

前提として、FL studioはFLがスキャンするフォルダが1つしか
指定できません。
(他のDAWならスキャンするフォルダを個別追加指定できたりしますよね)
なのでFLを使用することをメインに考えると、

プラグインフォルダ→ VST→それぞれのフォルダ
           → VSTi→それぞれのフォルダ

って感じの階層にしないと管理が面倒なわけです。

私の場合はSONARをメインに階層を作っちゃったので

DTM用HDD→ホスト用→各ホストフォルダ
       →VSTi →各フォルダ
       →VST →各フォルダ
       →VSTiプログラム(音源のdll以外やら)
       →ライブラリ
       →SONARプロジェクト 
       →FLプロジェクト

って感じになってるんですね。
なのでFLでプラグインを全部検索するには、階層を一番上にしないと
いけなくなるのです。

これはこれでFLがスキャンするのに無駄な情報とかも
見つけてきちゃうんで問題ではあるんですが、
これで使えてたのでよかったんですね。
(実際にリストに載せるかは自分で指定できるので)

SONARバンドル以外の64bitプラグインはそれ用のフォルダを
VSTiフォルダに作ってあるんですが、
どうやらこれがFLでNI製品の不具合を起こす原因のようです。

試しにこのフォルダを他のドライブに移して様子を見たら
問題のあったプラグインがちゃんと動作するんです。
どうもNI製品のプラグインの32bit版と64bit版を見分けきれないのか、
読み込む際に64bit版のほうを読んじゃってるみたい。
でもたぶん、VSTを読み込む順番とかも関係しそう。
(フォルダの階層的にFLがスキャンする順番とか)

64bitプラグインフォルダを他の場所に移すかしないと解決しないんですが、
私の環境だと上に書いた通りで、
DTM用のドライブ以外のとこに置くことになっちゃって気持ち悪いんです
(;´Д`)きもちわるひ

しょうがないので作業する際は一時的に他に
移す方向でやるしかないのかなと・・・。

ただ、この症状はNI製品だけに起こるんです。
Stylus RMXも64bit版プラグインをサポートしていて、
実際に64bitプラグインフォルダに入れてあるんですね。
でもFLではちゃんと32bit版を読みこんで不具合無しに動作するんです。
もうよくわかんないです( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

あと以前はどうだったのか忘れれちゃったんですが、
GUITAR RIGをFLに挿した際のGUITAR RIGの
CPU使用率がピロピロと激しく動くんです。
こんな動作だったかなぁ・・・。

■自分用メモ■
再セットアップする際は、FL用のフォルダ階層にする。
64bitプラグインはFLがスキャンする場所以外に置く。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieFL Studio
Genre音楽 ThemeDTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。