--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’08.27・Thu

Studio Oneの話

日曜日の朝にDAW雑談スレにPre Sonusから
リリースされたDAWの話がありました。

Studio One
新しい物だったりデモ版好きな私としては早速試してみました。

ちょっとデモ版を入手するのに他のメーカーに比べると
手続きが面倒だったりします。
まずここからメールを登録、返信が来るのでリンクで飛ぶと
アカウントを作る必要があるのでアカウント作ると
やっとデモ版をダウンロードできるようになります。

インストール後にシリアルを入れてネット認証後
これで本当にやっと使えるようになります。

studio_one_0
起動画面はこんな感じで、自分のアイコン画像が付けれたり
します。
ここでデバイスの設定やらもできます。
初期状態ではこの画面が出る前に
Cubaseみたいに自動的にプラグインをスキャンします。
ちゃんとログが出るので起動が遅くても不安にならないかもです。

studio_one_2
実際のソングエディット画面。
右のブラウザや下段のピアノロールは
もちろん閉じることができます。
1つの窓にすべて表示する感じはLiveに似てますね。
トラックの追加は普通にメニュや右クリックからもできますし、
ブラウザからサンプルやプラグインをドラッグしてもokです。
Studio One同梱のプラグインだとブラウザからプリセット名を
直接ドラッグしてもトラックに追加可能です。

ピアノロールの感触は個人的にはLiveよりCubase寄りかなぁと
思いました。
ただ、置いたノートをドラッグ出来ないのは不便だよなぁと。
トランスポーズはツールからできます。
swing量は各トラックで指定できます。
MIDIのクリップの作り方は、CubaseやREASONに似ていて
トラック上でクリップ範囲を決めてそこから
ピアノロールを開いてエディットしていくタイプです。
SONAR使いが一番( ゚Д゚)マンドクセーって思うとこですね。

オーディオクリップを選択するとピアノロールの場所に
波形が表示されます。
ノーマライズやフェード加工のラインを動かすと
リアルタイムに波形の形が変わります。
細かい波形編集機能は持っていないようです。

MIDI、オーディオクリップ共に再生しながらエディット可能なので
範囲指定してループ再生しながらの制作も可能です。

studio_one_3
ミキサー画面もデフォルトではトラックの下側に展開されます。
全体を見ながらのバランス取りはこれでも良いけど、
さすがに窮屈ですね。
ミキサー窓だけ別窓として取り外せるので実際には
そちらを使うことが多くなると思います。

studio_one_4
別窓化するとこんな感じ。
VSTもブラウザからドラッグもokです。
ルーティン機能は普通のDAWと変わらないかなぁ。
多少煩雑な印象もありますが慣れの範囲かなぁ。

studio_one_5
個人的に面白いなぁと思うのはEQ。
画像のようにEQのバックにリアルタイムで、
アナライザのグラフが出ます。
FL studioはFruity Parametric EQ 2がEQのバックに
スペクトラアナライザを表示できますね。
個人的にはStudio Oneのほうが魅力的かも。
ruity Parametric EQ 2はカラフルで可愛いけども。

studio_one_6
Studio Oneはソングモードとプロジェクトモードがあって、
プロジェクトモードにするとこんな画面になります。
プロジェクトモードっていうのは、マスタリング用のモードのようですね。
左側にトラックに貼り付けた波形のトラックが表示されます。
下側は実際のクリップですね。実際には曲単位のクリップですね。
マスタリングなので、ここにどんどん貼っていく感じ。
左から2番目の欄がエフェクタを挿す場所で
上がトラック。下がマスターです。
グラフはアナライザで、下側のバーがRMS表示等ができます。
その横が位相表示ですね。

こんな感じで1つのDAWで一通りのことができます。
個人的にはLiveより触りやすかったかなぁ。
ただ波形編集は別のソフトが必要になりますね。

なかなかツボをおさえてる感じで価格によってはありかも。
ここはオーディオI/Fなどを出してるとこなので、
これにバンドル版が付いたりするのかも?

もし興味がある方はデモ版を触ってみてくださいね。
制限は書き出し、保存ができないことです。
同梱プラグインはアナログシンセが1つ、
サンプラーが3種か4種かな?

他のDAWを触ることで自分のメインの物と
出来ること出来ないことが確認できたり、新しい発見があると
思うのでお暇な方はこれに限らず
いろいろ触ってみるといいでかもです。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDAW
Genre音楽 ThemeDTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。