--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

VA-1
audiomidi.comAASのUltra Analog VA-1が$15でセール中です。
その名前の通りにアナログモデリングシンセです。
通常価格が$199なのでアナログシンセが欲しい人にはとってもお得かも?
私はデモ版を試してみました。
いくつかの制限がありますが、どんな感じなのかは十分確認できると思います。
粒の揃った音だったりパッド系の音が良かったり。
音色によっては負荷がどかーんとかかります。
パッド系でリリースが長いタイプはやっぱり同時発音数もいっぱいになるから大変なのかも。
IMAGE-LINEのアナログモデリングのSawerも同じ傾向ですね。
さて$15ですが、どうしようかなぁ~。
そうそう、SONAR 8 64bit版ではオーサライズ窓の関係なのか
上手く認識できませんでした(´・ω・`)うちの環境だけなのかなぁ。
T-racksみたいに32bit版でオーサライズすればokかもしれません(未確認)。

AVOX
ついでにちょっと試したいことがあったので、
antares AVOX EVOのデモ版を触ってみました。
何がやりたかったかというと、声管をモデリングするTHROAT Evoを
VOCALOIDに使うとどうなるんだろう?というものです。
結果から言うと、ジェンダーを下げたような幼い感じはわりと○。
それ以外はやっぱり効果が薄いというか、うまく良い感じにマッチしないというか。
なかなか上手くいかないもんですね(´・ω・`)

もう一つはチューブサシミュのWARM Evo。
単純に見た目が可愛いので気になってたというヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
効果はかなり、どかんとかかっていく感じ。
ドライブのスライダーを右に動かすと真ん中の真空管が明るくなっていくにつれて
ドライブが激しくかかります。
暖かい音と言われるものより、派手な音になるような印象。

他にもHarmony Engine Evoも遊んでみましたが、
ハーモニーつけた上にそれぞれのパートの人数を変更できて、
たくさんの人が歌ってるような演出が出来て面白いです。

Harmony Engine といえば、
Harmony Engine EFXが発売されたそうですね。
EFXがつくということで廉価版で、通常価格が$129で発売記念?キャンペーンで$49。
廉価版ということで、上で書いたボイスをたくさんにする演出するCHOIR Evoの機能は
省かれています。
MIDIでの制御はできるようなので結構使えるかも?
実際、どれだけの制限があるかは確認したほうがよいかもです。

ちなみにAVOXのデモ版もSONAR 8 64bit版ではプラグインスキャン時に
スキャンが止まってしまって認識しない状態でした。
これも体験版あと何日だよ!的な窓が出ないのが問題っぽいです。

CL1B
続いて、SftubeのTube-Tech CL 1B
実機のモデリング物のコンプレッサーです。
デモ版もiLOKが必要です。
これを使ってみた最初の印象は・・・
メーターがぬるぬる動く!でしたヘ(゚∀゚ヘ)
音は個人的にすごい好みです。音がぱっと明るくなるというかでもうるさくない。
つっこみ気味にしても面白いし。
実機を知らない私としてはすごく新鮮です。
あれこれといろんなトラックやバスに挿したくなるコンプだと思います。
これは64bitホストでも互換で問題なく動作しました。
お値段は10月中は$329です。
ぬー、お高いですわ・・・。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン
Genre音楽 ThemeDTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。