--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

SONAR 8.3.1からSONAR 8.5に環境を移して作業してて、
気づいた事などのお話。

使用感としては、8.3.1とあんまり変わらないんですが、
個人的にアーカイブボタンとフリーズボタンがトラック側に付いたのが良い感じ。
曲を作ってて仮用に作ったトラックを別の音源に差し替える際に、元側を鳴らさないけど
残しておきたい際にアーカイブするようにしています。

フリーズは負荷軽減もあるんですが、とりあえずしばらくいじらないかなぁってトラックを
フリーズしておく感じ。

AudioSnap 2 は以前より視覚的にわかりやすくなったので操作しやすいかも。

ステップシーケンサ 2 は、各ノートにMIDIchを設定できるので、
KONTAKT のドラムキットをパラアウトで鳴らすときに便利かも。
スイングは各ノートで設定できるようになりましたが、全部に適用できるノブを残しても
よかったんじゃないかなと思ったり。

そこらじゅうがカタカナ表記や日本語表記になったのは・・・うーん・・・。
やっぱり以前のと比べちゃうと違和感があるかも。
逆にこれからSONAR使い始めるよって人には良いことなのかも。

本スレでの書き込みを見て知ったんですが、
上の表記の置き換えの影響なのか
プロジェクト内のAudioファルダが「オーディオ」フォルダになりました。
8.3.1で作ったプロジェクトを8.5でセーブすると「オーディオ」フォルダが作られて、
Audioファルダの中身をコピーしちゃうようです。
(なのでプロジェクトのオーディオデータが増えちゃったり)

私の環境で起きた問題だと
8.5でセーブしたプロジェクトを8.3.1で開いた場合、トラックのミュート情報が消えました。
ステップシーケンサのスイングの設定も消えました。

■追記■
この現象は再現性がある物じゃないようなので、たまたまそうなったようです。

■追記ここまで■

8.5でピアノロールを拡大してる状態で選択ツールで範囲指定するために、
がーっと範囲を横に伸ばしていくと
範囲を指定する黒枠の描画がおかしくなります。
スクロール止めれば普通に戻るんですがちょっと気持ち悪いかも。

それぐらいかなぁ。

64bit版の32bitプラグインの互換が強化されて、メモリ制限がなくなったようなので
64bit版を使ってる人には恩恵が大きいかも。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieSONAR
Genre音楽 ThemeDTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。