2010’05.25・Tue

編曲本の話

アレンジャーが教える編曲テクニック99 (CD付き)アレンジャーが教える編曲テクニック99 (CD付き)
(2010/04/16)
マニュアル・オブ・エラーズ

商品詳細を見る


引越し前から買おう買おうと思っていた本、アレンジャーが教える編曲テクニック99を
購入しました。
アマゾンのほうで商品のページから中をちょっとだけ見ることができます。
(上記リンクをアフィなので踏みたくない方は検索してとんでみてくださいな)

なか見検索では目次と冒頭の各ジャンル別が確認できますが、
個人的には2章からの実践テクニックがよいと思いました。
1章はあくまでそのジャンルを編曲にするにあたっての考え方といった感じ。
でも、そのジャンルの肝的なとこを押さえてるのでいいかも?

実践テクニックでは、
メロへのコードの付け方から始まって、初心者が悩みそうなイントロの
作り方や間奏の作り方など
曲を作ってみたはよいけど、編曲ってどうしたらいいの?って人には
特におすすめできる本だと思います。
初心者~初心者から中級に上がる前ぐらいの人によいのかな。

個人的にはわりとこういう内容の本て需要があるんじゃないかなぁと
思いましたし、
私自身、考え方のヒントとして知りたいと思っていました。

巻末のミニ用語集も便利なのでおすすめです!
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDTM全般

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL