--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’02.12・Thu

mixの話

このところ、本を読んだりゲームしたりギター弾いたりごろごろ。
買ってなかったDTMマガジンの1月号も買って満田流ミキシング講座を
読み直したり、記事連動のデータ聴いたり。
この連載はなんというか、実際の音を聴いてみると
だんだん積みあがっていく様子がわかりやすくて、
「プロってすごいなぁ・・・」と思うのです。
個人的にこないだの私の曲はミックスがとてもひどくて、
それが改善できなくて悔しくてちょこっと勉強しなおしてます。

「ねこのきかんしゃ」は実を言うと兵長さんにマスターを渡す、
ほんとぎりぎりまでミックスしなおしたりしていました。
でも結局、一番最初にミックスした物が一番聴ける物だったという・・・。
あの曲は曲中でかなり音がおかしなことになってる楽器があるのと、
バランスやらなんやら、ミックスしなおしたいと
ずっと思っているので近いうちにやり直したいなぁと思っています。

■■■
DTM仲間の某Eさんの新曲のオケと仮入力歌を頂いたので
2mixにメロを足すというミックスをしたりして遊んでます。
単純にカラオケにメロのデータを足して2mixにするっていうのは
なかなか奥が深いですね。
オケもメロもEさんらしい、澄んだ物でその才能に嫉妬(゚Д゚)
なかなかボーカルとオケを馴染ませることができなかったり、
ボーカルの上ばっか強調しすぎて聴き難かったり、
ミックスは難しいですね。
VOCALOID特有の発音のあやしさをエフェクターで誤魔化しすぎると
どよーんとリバーブやディレイのお風呂になっちゃったり、
精進が足りないなぁ私は。
これはあくまで私個人で楽しんでる物なので、
Eさんの新曲はちゃんとEさんの手で完成されて世に出るので
安心しましょう(´∀`*)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDTM全般

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。