2009’02.05・Thu

RMXの話

さすがに買って使いこなせないんじゃ勿体無いので、
Stylus RMXをインストールし直して少しいじってみました。

ちゃんと使うと「あーなるほど」という感じ。
やってることはすごく簡単なのに、なんで以前わかんなかったのかなぁ。
ライブラリから1~8チャンネルに各ループをアサインして、
あとはStylus RMXからMIDIを掴んでホストに貼る。
このままだとループそのまんま再生されるので、
展開されたノートを入れ替えたり、増やしたり減らしたりして
ループ内のスライスを組み替えます。
階段状に展開されるノート群がループの各スライスに対応してるわけですね。
Stylus RMXに内蔵されてるエフェクターは結構強力かも。

いじってて思ったのは、これってrexファイルにこだわらなければ
FL Studioに入ってるFruity SlicerやSliceX で同じことできるよなぁと。

■追記■
Fruity SlicerやSliceX でREX2ファイル読み込めるそうです。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL