2011’11.01・Tue

最近の話

日付変わって11月でございます。

最近の私というと本来の締め切りを守れずにやっとmix作業に
入ったという感じ。
なんというかアレンジが詰めれない&詰めたはいいけど、
なんかビート無茶苦茶フレーズが好き放題鳴ってて編曲としてダメだなぁと
遠い目をしたくなる感じです。

私の作業の仕方は何回か書いてたりしますが、
機材スキーのおかげで3つのDAWをハシゴする形で行っています。

曲作り&ラフアレンジ→FL studio 10
ピアノロールの使い勝手とパターンから派生パターン作ったり
ブロックごとに組み合わせを試せたりするので、FLが一番。
あと、
「よし!やるぞ!」って気合いれなくても起動する気になれるとこが好き。

アレンジ詰め&パラ書き出し→SONAR X1P
FLもブリッジで64bitプラグインや64bit環境で恩恵を受けれるようになりましたが、
やっぱりまだまだ互換が完全では無いので
サンプルが重い音源をいっぱい使いたい場合や
細かいエディットはSONARでやっています。
V-vocalも結構使ってます。

mix→Pro Tools 9
まだアップグレードしていないので9です。
mixはやっぱりPTが楽しいと思う。
私の場合はごっこ遊びだけれどヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

こんな感じ。


今回は機材的にトラブルがいくつかあって焦ることが多かったり。

SONARでKONTAKTをいくつも使用して重いサンプルの物を起動してて、
メモリ周りが変になったりしました。
フリーズアンフリーズも結構あやしい感じ。
単純にメモリの使いすぎだとは思うです、はい。

次にAmplitube 3をPTで使いたかったものの
エラーがでてダメ。
即蹴られる感じ。
ググってもそれらしい話がでてこないので、うちの環境の問題なのかも。
ちなみにWin 7 PT9.0.5にAmplitube 3の3.7だったかな。
しょうがないのでSONARで掛け録りして書き出しました。

そして、またまたトラブル。
SLATE DIGITALのVCC。
最新verのRC-TUBEが追加されて修正されたverの1.5.2を
PT9に挿していくとメモリにもRTASの使用状況メーターにも余裕があるのに、
「メモリが足らない」エラー多発。
RC-TUBEは使わないので1.3.5に戻してみたら安定したので、
なんとか解決。
うちの環境だと1.3.5でもVCCのGUIをだしてるとCPUエラーでちゃうんです。
あのVUメーターが悪いのかしらん。
一度設定すればほとんど開かないので実害は無いんですが、
やっぱり気になる。

などとなどと作業をしてます。
今年の始めぐらいから少しづつ買ったりアップグレードしてた
McDSPやこないだ勢いで買ってしまった
SoftubeのThe Summit Audio TLA-100Aも使えてちょっと嬉しいかも。
McDSPはWin版V5のリリースがQ1からQ3まで延び延びで、
買ったはいいものの全然使えなかったので特に嬉しいかも。

もちろん機材の良さは私の腕では反映されませんけどねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

来週あたりには次回のCDのお話ができるんじゃないかなー。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(1) TOP
CategorieDTM全般

Next |  Back

comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2011/11/05(土) 03:26 | | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL