2012’07.08・Sun

無駄遣いは楽しい話

スピーカーを交換して、もう機材はそんなにいじらなくてもいいかなぁと
思っていたのですがついつい・・・。

SLAT DIGITALのVirtual Tape MachinesことVTMです。

VTM

テープエミュのプラグインですね。

実機は触ったことも、実機がどんな音なのかも知らないので
レビューのしようがありません(;´Д`)

触ってみた感想としては
マルチトラックのデッキと2mix用のデッキで音の感じが結構違うんだなぁと。
テープの種類でクラシック、モダンとの組み合わせでいろいろできるかなぁ。

まだVer.が浅いからなの、うちの環境の問題なのか高負荷時にノイズがでちゃったり
します(´・ω・`)

FL studioでは、FLごとフリーズする場合があるのでFLユーザーは注意です。

Krm

WavesのKramer Master Tapeと比べると、
VTMのマルチトラックデッキの音はKMTでは出ないかなぁという感じ。
テープスピードは、ビンテージ色が強いのかな?
でもKMTのほうはテープ部分を切って真空管のインプットと回路のみって
モードもできたりします。
スラップディレイみたいなこともできるのでエフェクター色もある感じ。

VTMのマルチトラックはいろんなトラックに挿したくなる音になるかな。
ツイッターで波形そのものに処理をして使いたいって人もいて、
マルチで取った音源として加工するのもありなんだなぁと。

個人的にはマスターにかけるならKMTかなぁ。
個々のトラックはVTMで。
もっと触ってみたら感想変わるかもですが。

KMTやVCCなどからのクロスグレード版も販売されていて、
海外のショップではクーポンや値引き交渉などで$169程度で購入できます。


EQF-100
もうひとつ、SoftubeのEQF-100です。

最初は全然買うつもりがなかったのですが、
Pro Tools Expertのレビュー動画をみたらついつい。

こういうかかり方のするEQ持ってなかったなぁと。
大きく動かしても違和感が出にくい感じっていうか。

今回、TLA-100AとEQP-100をまとめたストリップがGrand Channelとして
リリースされていて、
TLA-100Aを持ってる人はアップグレードで単体のEQを買うより
安くで購入できます。


などと、またまた無駄遣いした話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL