2013’07.10・Wed

Sweet star の話



イラスト:あお
作詞:あおまふ
作編曲:卯月めい
動画:兵長(from PULSE)


こないだのPULSEのコンピに収録した曲をアップしました。
前にアップしたのが去年の9月だったので、
長いことアップしてなかったんだなぁと。
曲書きそのものは結構やってたような気がするんですががが・・・。

今回の作業は全部Cubaseで行いました。
かなり終盤まで音色が二転三転するセクションがあったので、
wav化せずアレンジ作業用のプロジェクトのままmixまでしてしまいました。

今回は珍しくプリセット厨の私がエディットしてたり。
と、言ってもフィルター弄ったりエンベロープ変更したりだけですが。

サビから作ったものの、サビは何度か書き直しました。
コードトラックは全然使わず。

ミックスは終盤でやり直しました。
このやり直す作業で、遅いのですがいろいろ発見があったり。

私の曲ってどの曲も線が細い音ばっかだなぁと思ってたんですよね。
EQの問題もあるはあるんですが、
コンプのかけ方に問題があったのではということに。
今までのかけ方だとアタックに上手く合わせれてなくて、
アタックは通しちゃって、そのあとで圧縮されるようなかけ方だったと思うのです。
なので、
ピーク的にアタックはでてるけど・・・みたいな感じになってたと思うんです。
そこでピークを叩く感じにしてみたところ、
マスターで纏めやすくなったというか。
まだまだ、その辺は「たぶん、こうなんじゃないかなぁ」なので全然違うかもですが。
でも、これによって空間系のかかり方も全然感じが違う気がします。

EQに関しては1kより下方向でシェルフ的な階段が結構使えるかなぁとか
思ったり。
パッド系なんかで切ると音色が軽くなりすぎるし、そのまんまだと邪魔だしみたいな時は
有効かもとか。

テープ、VTMなんかわりと挿しちゃってます。
テープ系って挿すとこう座りがよくなることが多いので使っちゃうんです。
でも、これのおかげで全然抜けない音になってしまいます。

今回はこの対策としてマスターでエキサイターを使ってみました。
Wavesのエキサイターを以前にセールで買っておいたのが、こんなときに役に立つとは!

音楽プレイヤーのあのバーが動くのグラフィックで、
なんで私の曲だけ上のほうの音域が伸びないんだろうと思ってました。
エキサイターを使ったら、あら不思議。
なんでもっと早く使わなかったんだろうと。
実際、音的にもEQで上げるのと違って煌びやかになりますよね。

サイドチェインもやったことなかったので、やってみました。
フレーズ的に全部裏打ちでは無いので、
ダミーのキックトラックを作ってそっちをトリガーにしてみました。
派手にンファンファしない感じに設定してみました。

締め切り間際にSlate DigitalのVBCがリリースされて、早速使ってみたんですが
あんまりしっくりこなかったのでやめちゃいました。
UAD2は、マスターアップ後に導入したので、この曲では使われていません。


自分歌詞を書くつもりだったものの、最後まで手がつかず。
そんなときに以前も書いた
あおまふさんにお願いしました。
指定日より早くあげていただけたので、本当に本当に助かりました。

イラストはこれだ!思ったもののピアプロ退会してたの忘れてて、
再入会しました(;´∀`)


そんなこんなでやっと1曲あっぷできましたとさ。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieご紹介!

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL