2014’06.29・Sun

あれやこれの話

なんだか毎回書いてる気がします、久しぶりの更新です。

私が所属してるサークルPULSEの9枚目のコンピアルバムの作業が大詰めになっています。
と、いうか今回は締め切り自体をかなり早めに設定していたものの
「まだ余裕あるから~」なんて感じでだらだらと、結局ギリギリになってしまってる状況です。

ユニットpunoの曲もいまだ作業中ですし。
(曲書き担当の私の手からは離れてるので、私自身はのほほんですが)
punoに関しては今回で脱退という感じになります。
理由としては作業の形の問題が大きいというか、感覚でコードを積む私の作り方では
プレイヤーの方との意思疎通が難しいので。
私がコード譜書けばいいだけなの話なんです。
簡単なコードならわかるんですが、オンコードやら響き重視で積むことが多いので
私自身が「このコード何?」だったりして・・・。
そんな感じで同じ(音楽の)言語で意思を伝えられないので、
私の役割は他の人がやったほうがいいのでは?となったわけです。

ツイッターのほうでちらりと呟いてますが
今回、私自身の名義での参加曲は諸事情で未収録となります。
曲そのものは完成していてmixもあと最終作業をほんの少し残すのみです。
この曲は、ここのとこ買ってた機材や去年に買っていた
NIのMASCHINEを使って制作した物でした。
曲そのものも私らしい楽曲になったと思っていただけに収録できないのは残念です。

新規の機材の話だとFabFilterのマスタリングバンドルですね。
何周年か記念の大きなセールがあったので、Pro-LとPro-Q、Pro-C目当てで購入しました。
FabFilteのプラグインは視覚的にわかりやすく操作しやすいのが特徴ですね。

NIのMASCHINEはコントローラーそのものはそれほど使わないと思ったので、
Mikroを購入しました。
確か去年の10月だったかに購入したのですが、その時点でMASCHINE 2.0のパッケージでした。

なぜMASCHINEを選んだかというとライブラリ目当てだったり。
あと、キットにパターンも付属されるのも大きいです。
NIだとBatteryがあるんですがさっとイメージに近いキットが出せなかったり、
単体ではいいんだけどーみたいなことが多かったので。

MASCHINEを音源としてDAWで使う場合はちょっと設定が必要だったりします。
マニュアルを読んだりしたのですが、なかなか見つけれなくて(;´Д`)

Ma
この中央のとこのSOUND→INPUTを選んで、右の項目のMIDIを選択。
そのchをアクティブにして、横のchで対応するchを設定。
これでDAW側のmidiトラックのchを合わせればok。
1キット16chなのでピースの番号とmidiのchを合わせて設定すれば混乱しないかも。

ドラムはMASCHINEでサブで鳴らす物やシンバルはBatteryでサンプルを鳴らす感じにしています。

打ち込み系は個人的にこのセットで十分やりたいことが出来るかなぁと。

と、近況やらMASCHINEの話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDTM全般

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL