--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2014’12.04・Thu

Cubase pro 8 の話

昨日12月3日にCubase pro 8が発表されDL販売も開始されました。
まさか発表された日に販売開始とか予想外。
会社帰りに「へー、発表あるんだ」ぐらいに思っていたのでびっくり。

今回、本当はそれほど興味無かったんですが発表された内容とバージョンアップの価格を見て
心が動いたというか。
7から7.5のバージョンアップのときに海外版使ってる人は酷いめにあっていたと思うんですが、
その辺のこともあってどうかなというのも。
試しにストア行ってみるかぁと、あれ?普通にカートに入れれるぞ?決済もできちゃった!
問題無くライセンスも更新できた!
そんな流れでありました。

海外版を使ってる場合、7から7.5へのバージョンアップは英語サイトのストアからも通常では
買えないという状況になっていました。
実際はちょこっと細工すると買えたのではあるのですが自己責任でお願いします的なものでした。
それが今回のver.upでヤマハの方針が変わったようで、海外版でも普通に買えるようになりました。

Cubase8_1.jpg
早速インストールしてみました。
7.5からpro8にver.upすると7.5の設定がそのまま引き継がれます。
ASIO-GuardがASIO-Guard2になった都合でオーディオI/Fのバッファに合わせて
ASIO-Guard2の設定だけする必要がありました。

7.5で作りかけのプロジェクトを開いてみます。
問題なく開けて拍子抜け。

しかし、窓の仕様が結構変わってたり。
全画面表示でない場合、メニューの帯が画面上部に。
そして各窓がフロート表示となります。
以前までだと大きな窓の中に各窓が開くといった感じでしたね。
フロートしてる窓の上部をダブルクリックすると全画面化して、画面上部のメニューと結合されます。
全画面状態もしくはフロート状態でCtrl+Tabで
プロジェクト窓とミキサー窓を入れ替えができます。

Cubase8_2.jpg
ミキサー画面はこんな感じ。
7.5と比べて視認性が上がったと思います。特にエフェクトラックの文字とか。
プロジェクト窓もそうですが、全体的にフラットデザインを推し進めた感じですね。
7や7.5と同じくカスタマイズの幅が広いと思います。
パンの上にグループが表示されるようになりました。
単純にグループが確認しやすくなりました。

Cubase8_3.jpg
8のプロジェクト窓のデフォルトはこんな感じで、右側にラックとメディアベイがくっついてます。
ラックのデザインは7.5からもっとスマートになるかと思ったのに
やぼったいままなので、ちょっと残念。
ちなみにこのラックとメディアベイを表示したくない場合は、
プロジェクト窓の左側から

Cubase8_3_2.jpg
こんな感じにラックのチェックを外せばokです。

あと地味なところですがプラグインマネージャーがSONARっぽくなりました。
フォルダ分け等が任意でいろいろ変更できるようなりました。
が、デフォルトで7.5から引き継いだ状態だとかなりカオスなフォルダ分けになりますヽ(;´Д`)ノ

これを以前のようなメーカー順+カテゴリ分けにする場合は、
こんな感じに
Cubase8_4.jpg
プラグインマネージャーの窓の一番右の下三角からメーカー順を選べばokです。

機能的に他にもたくさん追加されてたり、プラグインも増えてますが
そのへんはまだチェックしていないのでまた機会があったらで。

Cubase pro 8の話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieCubase

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。