--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2015’05.03・Sun

Omnisphere 2 の話



ついにOmnisphere 2がリリースされました!
私の場合、Omnisphere、Trilian、Stylus RMXの三兄弟持ちなので
本家からvipアップグレードで$199でした。
通常アップグレードより安いとはいえ
円安なので日本円にすると結構くらくらするほどお財布に痛いです・・・。

DL方式は
購入手続きを終えると専用ダウンローダーをDLするタイプでした。
起動するとこんな感じ。
omnni2_up.jpg

DLが終わると展開されてこんな感じになります。
Omni2_3.jpg

基本的に上から順にインストールすればokです。
Trilianとmoogトリビュートのライブラリを持っていない場合は、step3と4は不要です。
注意書きには、持っていないのにインストールするとシステムトラブルの元になるとかなんか。

アクチ方法は以前と変わらず、初回起動時に表示されるコードを
本家のアカウントのとこに入れてレスポンスコードを貰い、
それを入力するといった物です。

そんなこんなで起動すると、1枚目の画像な感じになります。

本体の左にパッチブラウザが表示されるようになりました、
本体は音色名の下のボタンがいくつか追加されました。
AとBは以前中央にあったもので、これを押すと詳細設定の画面に移ります。

omni2_4.jpg
Omni1でよく見た画面ですね。
ここから各パラメータの名前の横の虫眼鏡マークを押すとその詳細に入れます。
モジュレーションだとこんな感じ
omni2_5.jpg

オシレーターだとこんな感じ。
omni2_6.jpg

今回のアップグレードではEDM関連の音に力が入ってる感じで、いまどきな音色を
エディットできる感じですね。
ブラウザにもスポットライト-EDMという項目があったり。
EDM系とはいえ、やっぱりSpectrasonicsな音で安心したりします。
以前だと作れなかったりした系統の音や硬い音が出るようになったので
かなり音源として幅が広がったような気がします。

本体左側にもブラウザが付きましたが、
以前のように音色のとこをクリックするとブラウザ画面になります。
Omni2_2.jpg

レイティングがこの画面の右下でしか付けれないっぽくて、個人的にそこは不便だなぁと。
以前もこの画面の大きい版みたいなとこで付けたのですが、
せっかく本体の左側についたブラウザがあるので
そっちでも付けれたらなぁと。


最初のほうで書き忘れましたが
Omnispere1と2は共存せず、1のdllが2のdllに置き換えられます。
なので1を使っていたプロジェクトは自動的に2に置き換えられます。
設定していた音色やらパラメータは保持されてるので問題無いと思います。

そんなこんなで、Omnisphere 2の話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。