--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2015’11.28・Sat

waves Central の話


wavesの新しいライセンス管理システムのwaves Central(WC)をやっと導入しました。

このWC、何やら環境によっては問題が起こるみたいな話を幾つか見かけたので
インストールするのを躊躇していました。

私の環境は、
Windows 7 pro 64bit,Cubase pro 8 64bitがメイン環境となっています。
以前から使ってるwaves v9はDTM用のHDDに入っていました。
そこにWCをインストールしたのですが、そこでトラブルが発生しました。

v9でもWC導入前のver.が入ってる場合、
インストーラーが「旧ver.をアンインストールして置き換えるよ」的な説明をしてきます。
これがなかなか厄介な挙動をします。

確かにアンインストールされるのですが、その元のフォルダに新しい物は
インストールされません。

CドライブのProgram Files (x86)のwavesフォルダにプラグイんやシェル等が
インストールされ、
元のフォルダには上記へのショートカット(シンボリックリンク?)が作成されていました。

この状態でCubaseを起動しすると、起動時のプラグインスキャンで
waves plug-insフォルダはどこ?とフォルダを指定するように言われます。
最初、上記のパスにインストールされてるとは知らず、
「え?え?え?」となってしまいました(;´Д`)
どうやら元のフォルダに作られたリンクが機能してないっぽい?みたいです。

なので上記のパスにあるPlug-Ins V9 のフォルダを指定すれば解決できました。
用心にCubase側のプラグインマネージャでもCドライブのwavesフォルダを
検索対象に追加しておきました。

これで気持ち悪い場合は、一度以前のver.を自分でアンインストールしてから
WCを入れたほうがいいかもです。

あと、WCからプラグインをインストールする場合に
指定しているプラグインが全部インストールされない場合があるようなので、
その場合はもう一度指定し直してインストールすればokです。

余談ですが、wavesフォルダの中のWaveshells V9というフォルダがあります。
この中にシェルが入ってるのですが
Pro Tools用のDAE、AAX、汎用のVST2(32bit,64bit)、VST3(32bit,64bit)が置かれてます。
普通PT用の物は入れる場所が決まってるので、これはちょっと自由すぎなのではとか
思ったり。

プラグインのインストールパスをきかれなかったような気がするのでが
気のせいだったのでしょうか・・・。

waves Centralの話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。