2016’10.08・Sat

Neutron の話

ここのところ話題のiZotopeからNeutronがリリースされました。
iZotopeのバンドルもMPB2になりました。
バンドルの内容がいくつか変更になったのとNeutronに興味があったので
アドバンスアップグレードしました。

Neutron.jpg

画像はNeutron ADVの単体モジュールのEQです。
ADV(アドバンス)版だとモジュール単体が呼べるようになります。
Ozoneなんかも同じですね。

NeutronはAlloy2の後継的な扱いなのかバンドルからAlloy2が無くなりNeutronが加わった形です。
機能的にもOzoneとは被らない感じかも。

このNeutronの売りはアシスタント機能。
アシスタント機能を使うと音を解析しておすすめEQポイントを作ったり、
EQそのものを弄ってくれたりコンプをかけたり、エキサイターの設定してくれたりと
自動でやってくれる機能です。
アシスタントの傾向設定で結構結果が変わるので、あんまり弄くり回して欲しくないときは
設定したほうがいいと思います。
結果をそのまま使うより、あくまで提案や叩き台として使うのが良さげです。

単体モジュールではこのアシスタント機能は使えません。
しかし、EQについてるマスキングを視覚化する機能が使えるので
マスキングを確認したいだけのときは単体を使うのはありかも。
Neutronが挿さってるトラック同士を比較してマスキングしてるかを確認できます。
画像で赤いグラフのとこですね。
下段が比較対象にしてるトラック側のEQで直接EQを弄ることもできるので便利です。

個人的に今年一番面白いプラグインだと思います。
私の場合、他のプラグインと組み合わせて使うことが多い感じになってます。
ただ問題は・・・負荷がわりとあるのでたくさんのトラックに挿そうと思うと結構大変かも。

使い方を工夫することでもっと便利になるプラグインで、
アシスタント機能1発でほら出来上がりは無いかなぁ思います。

Neutronのお話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL