2017’01.22・Sun

Launch Control の話

Launch_Control

Novation Launch Control
年末あたりに注文してお正月過ぎに届きました。

ノブが多めのコントローラーが欲しいと以前から思ってて、
物色したらこれが一番希望に近かったのでこれにしました。

何がやりたかったのかというとUAD2の1176系やらのノブをアサインして
複数を同時に操作したかったのです。
1176みたいなインプットがスレッショルドになってるタイプだと、どうしてもアウトを
同時に操作したかったりとか、そんな感じです。

ノブの感触は良い感じで太さも扱いやすいと思います。
パッド部分はベロシティ無しで結構深めの押し心地。
ファクトリープリセットはLive用なので、
他のDAWユーザーは基本的にUserモードで使うことになります。

私の場合、クイックコントロールで1176のノブとバイパスボタンをアサインして
使ってみました。
とても良い感じで1176やLA-2A系はとても操作しやすくなりました。

が、ここで問題が2点。
1つはクイックコントロールの仕様で、アサインされるのはあくまで
アサインしたトラックのアサインしたそのプラグインのみ。
プリセット化してもあくまで、そのプラグイン固有なので使いまわしできません。
なので、挿す度にクイックコントロールにアサインし直しです。
思わぬ落とし穴。

あとAmazonのレビューにもありますが接続が切れます。
接続が切れるとパッドが左から右に点滅するので最初はびっくりします。
DAWを開いているとき以外にも接続が切れたりします。
タイミング的に再現性が無いので原因の切り分けができません。
USBを挿しなおせば直るので頻繁ではないので諦めてます、はい。

操作感は悪くないのでDAWの仕様とかみ合えば良い感じだと思います。
(接続が切れるのが気持ち悪くなければ)
多分、MacでLive環境なら問題は起こらないのではとも思いますが
テストする環境が無いので未確認。

そんな感じでLaunch Controlの話でした。



スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL