Sonarworks Reference 3。
代理店で4月から取り扱いが始まるとのことで宣伝で知りました。

IKのARCは持ってるんですが使わなくなってしまって、2へのアップグレードも放置。
セールしてたら2に上げてみるかーと思ってたところにこの話題。

Sonarworks Reference 3のリリースそのものはもっと前だったみたいで、
ヘッドホン補正用のほうはセールなんかもしてたりしてみたいです。

興味があったのでデモってみようかと思っていました。
ネタでその話を知人にツイッターで振ったらARCのマイクで試してくれて、好印象だったみたいで
私もやってみようかなと。

専用にキャリブレートされた物では無いのと測定方法がARCとは違うので、
測定結果とその補正は怪しいとこではあります。
が、リファレンスにしてる曲やよく聴いてる曲で確認すると確かに良い方向になってる
気がします!



赤色はターゲット、この場合はフラットですね。
青が測定結果のLRです。
私の環境だと部屋の角に机があって、低いほうの一部が強くなる傾向がありました。
そのへんが補正されたのが一番大きいかなぁと思います。
ARCでも補正してくた場所ではあるんですが、鳴り方が気持ちよくないというか。

S_W3_2.jpg

緑色が実際の補正量ですね。
これを見ると上の減衰分も足されてるのと一番下も足してますね。
ここまでスピーカーは鳴ってるんでしょうか?

奥行や厚み左右が結構変わるので面白いです。
ベースも見えやすくなるのも大きいですね。

測定方法は、ARCより工程は多いです。
スピーカーの鳴り方を測定する前工程分かな。
あとはARCと同様にリスニングポイント周りを複数測定していきます。
この工程はARCより断然楽で、
画面に表示されてる場所にマイクを立てるんですが
リアルタイムにマイク位置が変わって、指定された円の中に立てればok。

あとからリスニングポイントなども調整できたりします。

ソフトそのものは本家や海外のショップでDL販売できるので、
日本語マニュアルが必要ないならマイクだけ代理店で買うというのもありかも。

このソフトはアップグレードでOS上の音を全部補正することもできたりします。
デモってると、この機能が欲しくなってきます・・・。

ヘッドホン版もデモりました。
こちらは基本的にはプロファイルを選んで使うタイプです。
私が使っているQ701のプロファイルが無かったのでK701のプロファオルで
試してみました。
こちらはやっぱりプロファイルが違うのであんまり印象が良くありませんでした。
普段あまりヘッドホン使わないのもありますが。

そんな感じでSonarworks Reference 3 デモ版の話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL