2017’06.11・Sun

VTCの話



Sonarworks Reference 3を導入後、今年はもう機材増やさないぞと思ってたところに
Slate digital のVTC(Virtual Tube Collection)がリリースされました。
ここで単品買いするのとサブスクリプションに加入するのと、どっちがいいかなぁと
考えたのですが
結局サブスクリプションのEverything Bundleに加入しました。

VTCはプリアンプとコンソールモード、ノーマルとプッシュモードの切り替え仕様の物が
3種類入っています。
それぞれ特色があるので音色や狙ったところに合わせ使い分ける感じです。
個人的にLondonが使い勝手が良くて、打ち込みのドラムにはNewyorkが合うかなぁと。

とても良いプラグインで個人的にVCC2同様に外せないプラグインな感じです。
色付けしたいトラックに使うのもありですが、バスに纏めてバスコン変わりに糊付け的に使うのも
ありかなぁと思います。
ただ、アナログ物の特性で高域が落ちるのでそのへんが気になる場合はケアが必要かもです。

サブスクに入ったのでVMRの他のモジュールも使えるようになりました。
Neve系の二つのプリアンプもなかなか良くて、こちらも使っていきたいなぁと。

ポリシーや考え方にもよるんですが、Slate digitalのサブスクは
プラグインがよく出来てて使い勝手のよい物が多いの
で初心者がとりあえず機材増やしたいといった時にも良いのではと思います。
コンプ、EQ、コンソールシミュ、プリアンプ、テープシミュ、リバーブ、アンプシミュと
入ってるのでSlate digitalの音が好きならありなのではと思います。

VTCとEverything Bundleの話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

 |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


 |TOPBack