--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2017’09.23・Sat

FOCAL Shape 50 の話



今年はもう機材を買わないと言いましたね。
あれは嘘だったのです。

と、いうことでFOCAL Shape 50を購入しました。

shap50.jpg

GENELEC 8030Aに不満があった訳では無いのですが、
何やら周りでこれは良いぞ的なお話が盛り上がっていたので・・・。

hikaku.jpg

画質が悪いですが8030AとShape 50との大きさの比較です。
寸法的にもスペック的にも8030と対抗するのはShape 40なのかもしれません。

箱を開けて気になったのはペアなのに同梱されてる内容が違ったこと。
この件に関しては代理店に問い合わせ中です。
■追記■
代理店から返信きました。
国内初期出荷時はケーブルが国内規格に適合していなかったので、
秋月電子のケーブルを同梱してたとのこと。
希望すれば適合済みのケーブルと交換してもらえるとの事でした。
■追記ここまで■

あと、保護ネットが付いてない状態で梱包されてるので、保護ネットの立場が・・・。

8030Aと比べてちょっと書いてみます。
Shapeシリーズはスタンバイモードが付いていて電源オンだけでは音が出なくて、
ある閾値を超える入力があるとスタンバイモードが解除される感じ。
30分無音で再度スタンバイモードになるみたいです。
ボリュームノブはありません。

背面は160Hzのベル、 250Hzのローシェルフ、4.5kのハイシェルフの3つのEQと
ハイパスフィルターのノブがあります。
フィルターのノブにはクリックがあるんですが、EQのセンターにはクリック無し。
8030では低域用のディップスイッチでしたね。
8030にあったようなケーブル抜け防止みたいなのは無し。

底面の4つ足がネジ状になっていて、それで角度をつけれますが
8030Aのスタンド部分のほうが調整しやすいです。

8030だと背面にバスレフが付いているので、壁との距離でかなり音が変わります。
そのため結構設置がシビアというか、丁度良い所を探す感じです。
Shape 50だと密閉なので、そこまでシビアじゃないので設置は楽でした。
(もちろん壁べったりはダメだと思いますが)

音の傾向は派手ではないけど厚く鳴る音の傾向のような気がします。
低音がサイズのわりにしっかりタイトな感じ。
空間というか奥行方向が広い感じ。定位もわかりやすい。
打ち込みもいいんですがアコースティックな楽器のテイルが良い感じに聴こえます。
コントラバスとか良い感じ。

低音は部屋の関係で溜まる部分があったので背面のEQで160Hzをノブいっぱいの-3dBしました、
少ししたらSonarworks Reference 3で補正してみようかと思います。

FOCAL Shape 50のお話でした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。