--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’12.21・Sun

Sonarで制御する話

GB_SONAR

GrossBeatをSonarで使おうといじってみました。
画像はクリックすると大きくなります。

まずSonarの仕様的に知っておく必要があるんですが
MIDI制御できるタイプのエフェクターを使う場合、

VST(エフェクター)としてプラグインマネージャーで登録してしまうと
それ用のMIDIトラックが作れません。
なので結果的にMIDIでの制御ができないわけです。

そこで
メニュー→挿入→プラグインシンセ→プラグインレイアウト→
レイアウトの管理と進んで
プラグインマネージャーを開きます。
プラグインマネージャーでは、リスト上のレイアウトの編集等ができます。
左の窓からVSTを選択すると真ん中の窓に登録されてる物が並びます。
そこからGrossbeatを選択。
中央下段にあるVSTの設定の「プラグインのプロパティ」を押して
プロパティを開きます。
そこのプラグインオプションにある「シンセとして登録」にチェックを入れます。

あとはGrossBeatを適用させたいトラックのFXスロットで右クリック、
プラグインシンセ→GrossBeat。
(画像の場合は、NEXUSのオーディオトラックのFXスロットに入れてます)

そして制御用のMIDIトラックを追加します。
MIDIトラックのMIDIoutはGrossBeatを選択します。
あとは、GrossBeatの右下のプリセットを選んで
左側の各パネルに対応したノート情報をピアノロールなり、
ステップシーケンサに入力すればok。
どの鍵盤にどのパネルがアサインされてるかは、カーソルをパネルに重ねれば
GrossBeatの下部の窓に表示されるのでそれを確認してください。
ちなみにSonarではGrossBeatで表示される音程の
「1オクターブ下」で入力してくださいね。

個人的にプリセットそのものの制御の仕方がわからないので
(プルダウンで変更する部分)
知ってる方いましたら教えてください(´・ω・`)

ちなみに今回のMIDI制御できるエフェクタ-の使い方は、
Auto-TuneあたりのMIDI制御もできるはずです。
試してないので適当ですが、Cubaseではこんな面倒な事しないでも
使えるって話をどこかで見たような気がします。

余談ですがMaximusは普通に使えました。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieプラグイン

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。