--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’11.14・Fri

MIDI outの話

今週はちょこっと制作から離れ気味。
そして変な時間に起きたので、気になってた事を調べたり。
それにしても冷えるようになりましたね、皆様は風邪などひいてないでしょうか。

制作中の曲は大サビのつもりで作ったパートが
盛り上がらずに普通のDパートになってしまって困った困った。

とりあえずA-B-サビはこれでいけそうかなぁという感じになったので
SONARに移す準備。
FLで一番困る場面のmidiの書き出しです。
これ、必要なパート分プラグインのMIDI_outを挿してノートをコピペして
パターン毎に、
ジェネレータ(FLの音源)毎に置き換えてあげないといけないのです。
(もしかしたら、もっとスマートなやり方があるかも)

■追記■
FL_studioのメニューのTOOLSからMACROSの
Prepare for MIDI export でプラグインをすべてMIDI_OUTに置き換えることができます。

こういう面倒な事を考えるとrewireで運用するのが現実的なのかなぁとも
思ったり。

なんだかんだ不満に思うとこもあるけど、
「作曲ツール」としてはとても気に入ってます。
SONARだとやるぞ!って気構えないとできないとこがあるので。
(リアルタイムで弾いて作る時は、断然SONARのが良いですけどね)
あと何度も書いてるかもだけど、ループさせながらの編集が
私の作曲の仕方にあってるから。

■■■
制作中の曲を他の人に聴いてもらって(強引に聴かせて)
そのときの反応が自分としては興味深くて、
「あー、他の人はそういう風に聴こえるのかぁ」と毎回考えさせられます。
自分の中である程度のイメージがあっても、それを具体的に音で
伝えるというのはなかなか難しいなと思ったり。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieFL Studio

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。