--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’10.13・Mon

LE4の話

エレアコ用のマルチエフェクターを購入しました。
ZoomのA2.1u。
SONARで録音したりしてプリセットを全部確認しました。
録る→確認を繰り返すというちょっと面倒な作業でした。
なぜかというと、ヘッドホンをしても
エレアコそのものの音が聴こえちゃってエフェクターの確認ができなかったので。

作業中に何度かSONARのオーディオがドロップするという事が
ありました。
モニター、録音してると何かの拍子に「ビー」ってなっちゃて
そのままドロップて感じです。
きっと私の設定の仕方が間違ってるに違いないっ。

実はこのエフェクターを買うのには他にも目的がありました。
Cubase LE4が付属してくるんですよ!
一度は触っておきたかったんで丁度いいかなぁと。

ということでちょこっとレビューを。
SONARに慣れちゃった人の感想ってことであてにならないかもですが。

見た目はよく言われてますがデザインが良いかも。
SONARは配色やら表示する物をエディットできますが
ちょこっと事務的な感じがします。
なので人によっては見た目でCubaseを選ぶ人がいるぐらいです。

SONARを使ったことある人ならある程度は躓くことなく操作できると思います。
MIDIを書く最初、ピアノロール出し方が一番違う気がします。
ピアノロールの操作は、うーん、
SONAR基準からすると少しだけ使いにくいかなぁと私は思いました。
SONARだとツールの動作、割り当てをエディットできるので
頻繁に使うツールや動作はマウスの各ボタンに割りふれるんです。
Cubaseだとショートカットが手放せないかなぁって感じでした。

録音はSONARのほうが手軽だと思います。
セッティングが楽なのでMTR感覚で扱えるというか。
Cubaseでも慣れれば問題ないかなって感じですね。

個人的にCubaseの機能で良いなと思ったのは、
インストゥルメントトラックの扱いです。
SONARの場合、
ソフト音源を挿すとオーディオ1トラック
MIDIトラックが1トラックが対になって挿入されますよね。
Cubaseの場合インストゥルメントトラックとして1トラックだけ
追加されるんです。
この1トラックで賄えちゃうのは見た目的にもかなり良いなと思うのです。
そういえば、SONAR8でも同じ機能が使えるようになるという
書き込みをみました。
SONARの場合、見た目上トラックがやたら多くなるので
これは嬉しいかも。

ミキサー等は使用上、問題無い感じです。
バスの追加やらはまだよくわかってないので保留で。

やっぱりDAWは個性派以外の場合、慣れでカバーできちゃうので
どっちが良いかっていうのは難しいですね。
付属のプラグインで決めるのもいいし、
見た目で決めるのもいいって感じ。

私の場合はSONARから入った人なので
やっぱりSONAR贔屓になっちゃいますねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

■■■
最近、A-33に繋げてるペダルの調子が悪いように感じてたので確認したら
A-33の接続端子のとこがガタついてて接触が悪くなってるようでした。
かなり(´・ω・`)ショボーン

■■■
ブログ記事のカテゴリ分けを設定しました。
というか、今までしてなかったのかと。
以前の物はまとめてDTM全般にしちゃってます。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieその他

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。