--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’10.12・Sun

FLまるちの話

DTM友達のEnicyさんとスカイプしながらFL Studioで遊んでみました。
二人ともFLをいじりつつ、トラブルや設定であーだこーだと。

最初はFLをSONARとRiwireでという感じだったんですが、
この使い方ならSONARから直接FLを音源として呼べばいいんじゃという
話になりいろいろ試してみました。

うちの環境だとFLをDXiとして呼ぶと調子が悪い感じ。
FLをVSTiとして呼ぶと問題ないようでした。
うーん、SONARってDXiネイティブだったような(´・ω・`)

FLのマルチ音源として使うほうのVSTiをトラックに挿し、
挿す際にはオーディオのマルチアウトを選択します。
シンセトラックのパネルを押すとFLのVSTiの小窓が開くので
そこのニンジン?をクリックすることでFLがUIとして開きます。
この時、FLが全画面で出てしまうので焦らないようにしましょ~。
私はサブモニター側にFLを移して作業しました。

SONAR側での設定や扱い方は普通のマルチ音源と変わりません。
必要な音色数だけMIDIトラックを追加して、
MIDIoutをFLvstiに設定してMIDIチャンネルを指定します。
TTS-1なんかも同じ要領ですね。

FL側は最初から16個の音源がステップシーケンサに置かれた状態で起動します。
感の良い人は16と聞いてピンときたと思います。
そう、この16っていうのはマルチ音源のMIDIチャンネル数ですね。
そしてFLの場合、上から1、2、・・・16という感じにチャンネルが
設定されています。(任意で設定できるかもですが、私はわかりません)

ここまではマルチ音源を触ったことのある人なら理解が早いと思います。
しかし、ここから少し悩む問題にぶつかります。

SONAR側でMIDIを打ち再生すると・・・
FLの音源がまとまって1つのオーディオトラックから出力されてしまいます。
これじゃマルチアウトにした意味ないよ~。
ということでヘルプで調べてました。
FLをVSTiで使う場合、普通の音源と違ってFL側のミキサーを経由して
ホストに出力されるようです。
単体の音源として呼ぶ場合は、そのままでもいいんですが
マルチとして使う場合は少し設定が必要となります。

便宜上、1~16chに設定した音源のミキサーへの出力を1~16とします。
(1chの音源はミキサーの1へって感じ。FLは任意で設定できちゃうので
 一応説明用にこの設定で)
ミキサー側の設定が何も無い場合FLのミキサーを通りマスタートラックから
ホストに出力されます。
この状態だとホスト側で調整したりエフェクターを通せるのは
まとまったFLの出音だけになります。
それでは困るのでパラアウトさせるわけです。
この設定はFLのミキサー右下のOUTってとこでできます。

各トラックを選択して、それぞれ対応した出力先をここで設定します。
これでホストで開いた各オーディオトラックに出力されるようになります。 
ここまでの設定を音源として呼んだ際に自動でやってくれると
とても助かるんですが(´・ω・`)

■■■
もう一つ、うちの環境では問題が起きてて
そっちはちょっとうっかりというか。

FLを本家で登録すると、FLに入ってる音源の単体VSTi版をダウンロード
できるようになるんです。
それを入れてFL側でも見れる形にしちゃうと・・・
音源を選ぶ際にFLネイティブのほうと同じ名前で表示されちゃうんです。
そしてネイティブじゃないほう(単体として追加したほう)を
FL上で選んでしまうとFLを巻き込んで、場合によってはホストも巻き込んで
落ちちゃいます(´・ω・`) 。
その後はプロセスが切れないのでPC再起動も必要となります(´;ω;`)

なので単体版を導入してもFL上で見えないようにVSTのmore表示からの
リストを確認して
単体版にチェックが入ってないか確認することをおすすめします。
チェックをはずせばFLの通常の音源選択に表示されません。
逆に追加したVSTを常時選択画面に出したい場合はチェックを入れます。

そんな感じで出来たのが

[VOON] passage
ピアノ、アルペジオ、ベース、ドラムだけの
相変わらず8小節の繰り返し。(正確には4小節だけど)
ピアノはNEXUS、アルペジオがFLのWasp、ベースはFLのSytrus、
ドラムはFLのFPC。
ドラムはパラアウトしてないのでプリセットのまんまです。
なんかRPGのダンジョンぽかったんで、こんなタイトルに。

Waspは単純だけど良い感じで好きかも。
デモ版なのでセーブできないのが困り物。$29なので買っちゃってもいいかなぁ。
FLは何でもアルペジエーターを適用できるので面白い。

でもやっぱりいろんな作業は慣れたSONARのがいいなぁと思うのでした。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieFL Studio

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。