2008’10.04・Sat

FL8の話

FL8

FL Studio8が届きました。
兵長さんが安くで購入してたんで、ついつい。
以前からデモ版は触っていて、
そのうち製品版も欲しいなぁと思ってたんで良い切欠でした。

クロスグレード版を購入。
といってもBOXに貼ってあるシールが増えてるだけで
普通の製品版と変わりません。(当たりまえだけど)
FLは、他のDAWに比べて最上位版のXXLでも安めな設定なんですが
クロスグレード版だと最安で18199円で買えてしまいます。
(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
しかも別売りで買うと2480円もする入門本まで同梱されてて
お得すぎます。

入門本もさらっと読みましたが、FL独自の作法や初心者が詰まりそうな所を
わかりやすく解説しています。
巻末にショートカット一覧があったり、付属CDに有名所のフリーのVSTが
入ってたり親切な感じ。
誤字や脱字があったりしましたが気にしない( ^ω^)

早速インストールしたり、本家のImage lineに登録したり。
本家に登録すると、FLのVSTiを他のDAW上で使えるプラグインを
無料でダウンロードできます。
(Rewireせずに直接呼べます)
音ネタなんかも無料で結構DLさせてくれるので、かなり太っ腹ですよね。
FL8はダウンロードマネージャーがあるので、そこからも直接DLできます。

FLはやっぱ軽いですね、SONARも決して重いわけじゃないですが
サクサク感が良い感じ。
ミキサー周りはSONARのほうが使いやすいかなぁ。
トラック無制限もそうだけどバスの挿入とかルーティングの自由度が
段違いですからね~。
思いついたら、ぱぱっと試せちゃうとこがいい。

パターンでだーっと作ったり、音源側にアルペジエーターが無い物に
FL側でアルペジエーターかけたり分業が良いかも。

SONARやCubaseからDTMに入った人だと、なかなか作法が独特で
難しく考えがちですが
実はかなり直感的に扱えたり。
基本英語ですが、日本版ならヘルプが親切なので
英語アレルギーの人でも大丈夫だと思います。

FLで遊ぶにあたって、とっても参考になるサイト

FL Studioを使った手探りのDTM

FL Studio @ ウィキ

この二つのサイトで、ほとんどの問題は解決できると思います。
wikiのほうは、ちょこっと情報が古いとこがあるかもなので、そこだけ
注意です。

メインのDAWがある人もFLのデモ版を触ってみるといいかも。
デモ版はセーブできないだけなので、waveまで書き出してしまえば
メイン側で扱えます。

プラグインのFL-danceも可愛いので、おすすめですよ!
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieFL Studio

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL