2008’09.03・Wed

うっかりな話

あっれー
A-33が反応しないぞーと作業開始時に気づきました。
もしやと思って確認したら・・・
見事にMIDIケーブルをMIDI inに挿してましたw
そしてリアルタイム入力開始したら、
あれれ他のトラックが鳴ってる時だけやたら遅れます。
レイテンシを詰めてないような状態に。
おっかしいなぁ、たしかにVSTi結構挿してるけど遅れだすほど
挿してないしVSTもマスターのリミッターしかかけてないし。
うーんと悩んでとりあえずドライバをASIOモードに。
(普段はWDM/KSで作業してます)
それでもやっぱり遅れるんです。

もしやと思ってA-33nのMIDI OUT スイッチ2を切ったら
見事に解決しました。
A-33はMIDI outを2系統持っていて鍵盤の上のスイッチでオンオフできるんです。
このスイッチが両方点いてるとなにかしらの問題で遅れるようです。
(他のトラックが鳴ってる時限定で)
MIDIケーブルはMIDI out1にしか挿してないんで、ますます謎。

やっぱりA-33の鍵盤はいいですね、触ってて楽しい鍵盤。
打鍵音がちょこっと大きいかもですが。
こういうどっちかというとシンプルで鍵盤の良いコントローラーを
もっと出して欲しいなぁ。
M-AUDIOがシンプルで鍵盤数多めのをいくつか出してたと思いますが
どうなんでしょうね~。
Axiomシリーズはデザインが可愛くて結構好きなんですけどね(*´∀`)
KX8も気になりますが、さすがにあの奥行きだと配置が難しそう。

■■■
作業中の曲にBメロを付けてみました。
思いっきり癖がでてしまってます。たぶんやり直し。
歌物でいくとしたら、たぶん物凄く歌いにくいはず。
Bメロで一度雰囲気を変える手法が毎度同じというか、うーん勉強しないと。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL