2008’08.05・Tue

完成の話

やっとフル版の完成!


【初音ミク】 ハイパーアクティブ! -full ver.- 【オリジナル曲】


とは言うものショートとそれほど変わってないかも?
今回もイラストはピアプロから、ころたさんの作品を使わせて頂ました。

追加分の詞は、かなり我侭言ったので兵長さんの負担が大きかったかなと。
土壇場で構成が変わったりもしたので(´・ω・`)

今回の追加分のボーカルでは「つ」の音がベロシティを下げても
ものすごい耳につく状態になってしまって、
ディエッサーかけてもダメだったんで諦めちゃいました。
波形をいじればよかったのかなぁ。

追加しようと思っていた音色もコーラスもしっくりこなくて、
最終的に何も足さないほうがいいんじゃという結論に。
単純にアイディアが浮ばなかったということもあるし、
聴きすぎて感覚が麻痺しちゃってるかも。
間奏でコーラスを入れたんですが、結局なくしちゃいました。

追加分のボーカルにボーカロイドでたまにある、発音する前の音に影響されるとか
音のつながり上、ピッチが不自然に上下してノイズっぽくなってる箇所が
できちゃいました。
そこでV-vocalの出番。
というこで、今回はV-vocalを使って気になるところのダイナミクスと
ピッチをいじってみました。
タイムも少しだけいじってある場所もありますが、ほとんどわからないかも。
ダイナミクスは結構便利で、単純にオーディオクリップのレベルが足りない時に
底上げできたりとか、一時的にクリップする場所だけ抑えたりできます。
タイムとダイナミクスを組み合わせると伸ばすところを縮めてみたりや
逆に音を伸ばしても自然になるようにできます。
ピッチ補正はオートでの補正はGSnapを軽くかけてあるので、
上で書いた発音上ノイズになってしまってる場所をペンツールで
書き直したり。
この作業は面白いので好きなんですが、うちの環境だと
オーディオ加工してるとプロジェクトを巻き込んでドロップしちゃうことが
多いので困りました。
V-vocalがいまいち安定しないというか。SONAR側との連携もよくないのかな。
最後のほうは加工→プロジェクトドロップを繰り返していたので、
セーブ→加工→クリップにバウンスという感じで
なるべく落ちないようにしていました。

ピッチをペンで直接書くと発音が滑らかになるのでこれは多用したいかも。
ただし、調子に乗って書いてるとケロケロになってたりするので
そこは見極めないとかも。

最後の転調部分は、ニコニコのコメに転調期待ってあったので転調してみました。
VOCALOIDで作ったWAVはオケを作成時点では詞が完成してなかったので、
それとドラム以外をSONAR上でトランスポーズしました。
元々のキーから半音上げてるんですが、初音さんが苦しそうw
メロのトップノートがEで、これでも高いなぁと思ってたんで余計に転調したら
苦しく聴こえちゃいます。

ハモリの部分はショートバージョンから少しだけ変更しました。
歌い手を歌手エディターで初音さんをベースにジェンダーを少しいじった、
若干低めな初音さんに変更。
発音タイミングも若干ですがオーディオ化してから、後ろにずらしています。
ほとんど自己満足です(*´∀`)
エフェクターの設定も見直しましたが、これが最善なのかわかりません。
ニコニコのコメントにコーラスが不安定のような書き込みがあったので
なるべく平たくなるようにしたんですが、やっぱり不安定ですね・・・。

今回は反省点もあるし、得た物も多いし辛くもあり楽しい作業でした。

■■■
ちょこっとギターに興味にあって安ギターを買って練習してみようかなぁ
などと思案中。
クリーン系やコーラス系のカッティングをやりたいんです。
でも問題は、私にギター特性が無いということ・・・。
元々はベースをちょこっとかじってたことが
私の音楽の始まりだったりします。
でも当時借りたクラシックギター?のネックの
幅が太すぎてコード押さえられなかった記憶があるので躊躇してるのです。
私、手がちっちゃいので余計に(´・ω・`)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieオリジナル

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL