--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2013’12.31・Tue

買い物の話

さて、大晦日でございます。
だらだらと過ごしていたり。
今年のブラックフライデーからのホリデーシーズンセールは、
NIのKomplete 9が目玉っぽかったですね。

そんなこんなで今回ゲットしたものを書いてみたり。



まずはUADのFATSO Jr/Sr。
テープエミュとコンプなプラグイン。
コンプ部分はバスコンプモードやらと結構多機能。
テープ部分は流行のリアルな感じのではなくテープ風な感じだと思います。
結構汚れるような。
デモっときは「おっ!」と思ったのですが実際に組み込んでみると
なかなか難しいなぁと。
汚れすぎちゃうきらいがあるような。
単純に突っ込みすぎてるのかなぁ(;´Д`)

下段はelysiaのMusiq。
マスタリング用のEQです。
マスタリング用というわりに細かいことは苦手なEQ。
Q幅も2種類のみだったり。
特色というとM/S処理できることと、
フィルター部分にレゾナンス特性がついてることです。
alpha compressor同様にwarmモードがあったりします。
このEQはざっくりと整える感じに使うんでしょうか。

buy_2.jpg

次はセール品ではないですが、
A.O.M.のtranQuilizr.
デジタルEQの良い感じの物が欲しかったので。
売り文句の透明系っていうのは、その通りで変に濁る感じにならないというか。
アナライザも付いてますが、アナライザはレスポンスは良いのですが
若干見難いかもです。

このEQは音質も売りなのですが、AGCという機能が売りだと思います。
ゲインを補正して音質変化をチェックできるモードです。
FG-Xなんかに付いてるのと同じだと思います。
A.O.MのInvisible Limiterにも搭載されてますね。
それのEQ版みたいな感じです。

buy_3.jpg

こちらは以前に書いたDont'Crac[k]のチャリティーセールの
Nomad FactoryのMagnetics Bundle IIのCOSMOS。
簡単操作でステレオイメージを広げたり、エキサイターで明るくできます。
ベースエンハンサーは使ってないかなぁ。
私の場合はステレオ幅の拡張用って感じです。
エキサイターのかかり方がAphex Vintage Aural Exciterに比べると
今風ですね、当たり前ですが。
とても良いと思います。
私はmixが下手なのでうるさくなり過ぎちゃうので使わない感じです。
もったいない(´・ω・`)

baby_1

そして・・・
年末についに買ってしまいました・・・。

RMEのBabyfaceです。
別にセールでもなんでもないですが(;´Д`)

第三世代Mboxからの移行ですが、音質アップしました!
すっきりしてるのと解像度が上がってコーラスの重なり方や
mixで音がレイヤーになってるのが聴き取りやすくて
リスニングも楽しくなります。
市販のCDや音源ってこんなにすごいんだって、改めて実感できる音質です。

打ち込み系も良い感じなのですが、
生系だと特に良い感じに聴けると思います。

ドライバの管理ソフトのTotalMix FXも良くできてて
PCの音量管理が楽になりました。

baby_2

専用バッグはこんな感じ。とてもしっかりした物でケーブル類も入れれます。

baby_3

Mboxとの大きさ比較。
単純な大きさは幅も厚さも半分ぐらい。

音質が上がったものの自分のmixが酷いことが余計にわかりやすくなって
ちょっとへこんでみたり。
前回のコンピ曲を弄ってるのですが、酷いし良くならないし
もうなんだかなぁと。



そんなこんなで年末のお買い物の話でした。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

2013’02.01・Fri

Q701の話

Q701


定番のMDR-CD900STと毛色の違うヘッドホンほしいなーとずっと思ってたんですが、
なかなか機会がなくてずるずると。

そして最近急にまた熱が出てきて勢いでぽちってしまいました。

AKG Q701 白です。
候補は、AKGのK240,K701,K702,Q701でした。
オープンエアのがいいなぁと思ったので後ろの3つに絞って、
あとは白が良くてケーブルが外せる、あとは身近に使ってる人がいるということで、
Q701にしました。

結構物が大きくてびっくりしましたが、軽いのできにならないかも。
ヘッドバンドの内側のコブ状のところは、個人的に無いほうがいいかなぁ。
なんか指圧されてるみたい。
バンドをおさえる加減を調節すればよいのかなぁ。
Q701はヘッドホンへのアウトをかなり大きめにしないと、
CD900STと同音量で鳴りませんでした。

CD900STと聞き比べしてみたのですが、
CD900STは、音場が結構狭いんですね。
縦に長い感じというか横方向が狭いっていうか。
比べるとQ701はワイドな感じに聞こえます。

スピーカーで出した音との違いでCD900STとの違和感みたいのが
なにかなぁと思っていたのですが、
CD900STって上のほうというか艶っぽい部分が鳴らないっぽいんですね。
そのかわり音が聞き分けやすいというか。
そういう意味ではQ701はスピーカーっぽい鳴り方なのかな?
艶っぽいし低音も良く出てると思います。
上のほうは綺麗なんですが、綺麗すぎちゃうかもしれません。
どれを基準にするかによって違うとは思うんですが。
空間系はかなり気持ち良く聞こえるのでリスニングが楽しかったり、
新しい発見があるかも。
解像度高いと思います。おおおってなるかも。

楽しいヘッドホンだと思います。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

2012’06.02・Sat

モニスピの話

ずいぶんと久しぶりの更新となります。

なんといいますか、あれこれと考えることがあったり
もういっそのこと色々と清算して音楽やめちゃおうかなぁってとこまで行ってたり
していました。

その反動なのか、環境をちょっと変えようと思ってみたりして
モニタースピーカーを新調しようかなって流れに。

8030A_1

GENELEC 8030Aです。

8020Bと価格的にもサイズ的にも迷ったのですが、ハードだし日常的にずっと使うしと
もっともらしい理由を並べて奮発してみましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

FOSTEX PM0.4(無印)を今まで使ってきたので、その辺を基準にしていくつかの候補から
これに。
サイズ的にはPM0.4よりひとまわり大きいかな?
見た目的にラウンドしてて塊り感があるので、寸法より大きめに見えるかも。
でもPM0.4を置ける環境なら、よっぽど窮屈に置いていなければ十分置けると思います。

8030A_2
背面はこんな感じ。
環境やセッティングにあわせてディップスイッチの組み合わせで調整します。
入力はXLRです。
出力はディジーチェーン用みたい。

同梱されてるセットアップガイドがあるので
それを参考にディップスイッチを設定します。
代理店さんの日本語解説の紙も参考になりました。

うちの場合だと、設定無し→Bass-2→-4と試して-4にしてみました(壁際に置いてるので)。
設置に関しては代理店さんのページを参考にしました。

8030A_3
GENELECの製品の特徴的なところにスピーカーに装着されてるスタンドがあります。
Iso-Padという物でゴム製の物です。
モニター本体の底面もラウンドしていて、それを主に4隅の膨らみで受けてる感じ。
見てもらうとわかるんですが、構造的にこれで上下方向に調整ができるようになっています。
横置きする際は金具を外してスピーカー横に取り付けることで同じように調整できるように
なっています。


さて、鳴らしてみた感想なんですが
やっぱり解像度が違うのと低音がしっかり聴こえます。
定位感もどこでどんな風になってるかわかりやすいです。
各楽器の細かいニュアンスもすごく聴き取りやすいと思います。
爆音にしなくても通常の音量でバランスよく鳴ってると思います。
セッティングの問題なのかな、ほんの少しだけ硬い感じもするかも。
音が広がって聴こえるからなのか、PM0.4ほどシビアに置かなくてもちゃんと聴こえるような。
でも、セッティング詰めればもっとよくなるんだろうなぁと。

リアバスレフということで、設置の仕方が難しいみたいな話をどこかで
読んでいたので
大丈夫かなぁと思ったのですが、
変な回り込みなんかもPM0.4のときに比べて少ないですし、
ボワつきもないので買ってよかったなぁと思います。
設置位置の後ろの壁からあんまり離せない人は、GENELECのリアバスレフは
結構ありなんじゃないのかなぁと。


普段聴いてる曲を聴いてみると、PM0.4導入したときと同じで
またまた新しい発見だらけで面白いなぁと(*´∀`)
そして、自分の曲を聴くと
「これはあんまりよくなかったなぁ」と思ってた物が意外とよく聴こえて
「わりとよくできた?」と思っていた物が、これはないわーって感じに聴こえたり。
解像度があるので、あぁこれEQの設定かなりダメだなぁとか
当時聴き取れなかった変な音の重なり方とか、
本当に気づくことが多いです。

8020Bを候補にしてる人は、たぶんもうちょっと足して8030Aのがいいかもしれませんね。
バランス良いと思いますし低音も十分出るので。


ということで、ひどく猫に小判な機材の話でした。


■追記20120607■
あれやこれやセッティングを試しています。
ソースによって結構音のバランスが普段聴いてた音と違ってたりして、
どの辺で落ち着けばいいのか悩んでたり。

本文にも書いてましたが、低音がよくでますね。
音量があるときはもちろんなのですが、ある程度下げていって
深夜に鳴らす程度の音量でも低音がちゃんとしてます。

あと、ノイズに関してはPM0.4との差がはっきりでますね。
ノイズが全然鳴らない。

コーラスやハモの定位やフレーズもすごくわかりやすいです。

■追記ここまで■

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材

2011’01.23・Sun

遠回りした話

Mbox

ここのところ機材を追加したものの、それに伴うトラブルが発生してしまって
どうにも悩んでいたのですが
結局、機材を一新して解決することとなりましたヽ(;´Д`)ノ

話の発端は、
安くProtools 9を導入するためにアウトレットのMbox2 miniを買ったことから始まります。

Mbox2 miniは問題なかったんですが
しばらくして、SONAR 8.5,X1、WabeLab 7で問題が起こりました。
Fl studio 9系で問題なかったので、大丈夫だよねーと思ってたのが間違いでした。

SONARとWaveLabで再生時にMbox2 miniとクロックが同期しないのか
再生時に2秒程度でロケーターが止まり、ソフト音源が鳴らなくなる症状がでました。
ロケーターやタイムは止まってても実際には再生されててオーディオのみ鳴る感じ。
WaveLabも同様でロケーターが同期しないで止まる症状。

この問題は結局何がが原因かというと、
Mbox2 miniのASIOドライバのようでした。

SONARの場合は使用ドライバをWDM/KSにすれば問題は発生しませんでした。
私の環境だとWDM/KSにしちゃうとDAW以外の音が鳴らなくなるので、
どうしてもマルチクライアントのASIOドライバで動かしたいという条件から
外れてしまいます。

ローランドに問い合わせたものの、Mbox2 miniでASIOドライバ使用時の環境で
そのような症状がでるという話は問い合わせは無いということで、
固有の環境問題じゃない?という回答でした。

UA-25EXはPT9じゃ使えないし、SONARとWaveLabはMbox2 miniじゃダメ。
こうなるとそれぞれDAW側で割り振って、モニターとの間にミキサー入れるかとか
じゃないとラインの繋ぎ替えが必要になる・・・。

もー、いろいろ面倒なのでUA-25EXとMbox2 miniを処分して1台で賄える物に
しよう!そうしよう!
めんどくさいのは嫌い!
と、私らしい結論がでちゃったので
新Mbox(無印)を買いました。
もう本当にお金ないお・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

結論から言いますと、
最初からこれかmini買っておけばよかった(´・ω・`)です。

第3世代のこのMboxシリーズはPT以外のDAWのサポートを大々的に
謳っています。
実際、SONARでもWaveLabでも問題は解決しました。
midiI/Fの問題も無印にしたので、これ1台で解決しました。
別系統のヘッドホンアウトの問題もアドバイスいただいていたヘッドホンアンプも
考えたのですが、
なるべく1台でなんとかしたかったのでminiではなく
無印にしました。

Mbox2 miniと比べて新Mbox無印はコントロールパネルがあるので、
バランス取りの自由度がありますね。
いろいろな機能がついてたりデジタルアウトがついてたり、
モニター用のDSPがついてたりと
私にはオーバースペックなのはわかっています(;´Д`)

ただ、やっぱり機材は帯に短いよりも長いほうが融通が利くなぁと・・・。
高い勉強代でした。

音質とか私の耳ではよくわかりませんが、
Mbox2 miniと同じ系統の音で私は好きです。
オーディオI/Fの出音の問題かはわかりませんが、定位がわかりやすくて
すっきり聴こえる感じです。(UA-25EXに比べてですが)
私はこっちの音のが好きかなぁ。
リバーブのテイルや薄いディレイなんかもすごく聴きやすいです。

これでハードまわりはしばらく大丈夫そう。
本当にめんどくさいのはイヤダワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘Д‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

トラックバック(1) コメント(2) TOP
Categorie機材

2009’10.22・Thu

64bit環境の話

お久しぶりです、相変わらず曲が完成しない
病弱な卯月です(´・ω・`)

さて、新OSのWindows 7がリリースされました。
これを機にOSの入れ替えや64bit版のOSに乗り換える方も
多かったりするんじゃないでしょうか?

ということで、64bit OS上でのDTMに関連する私なりのまとめを
書いてみたり。

まず前提として64bit OS上では32bitのソフトやプラグインは、
互換で動作します。
なので結構32bit OSで動かしていた物が使えます。
(オンラインゲームなどは、プロテクトソフトが対応してない場合があるようです)

次にDTMのお話、

■例1: 64bit OS 上で32bit版のDAWを使う■

64bit版を同梱していないDAWはこれにあたります。
SONARやCubase以外がこれに該当すると思います。
(SONAR 32bit版、Cubase 32bit版、FL studio、Live、Studio One、
DAWじゃないけどDominoは問題なく動作しました。LE版を含む)

私の場合だとFL studioですね。
この場合、32bit OS上で動かしてたのと何も変わりませんので
注意することはありません。
32bitプラグインのみ使用できます。
メモリ制限も4Gまでになりますが、
実際にはアプリそのものがメモリ制限を持ってたりするので
rewireのような使い方じゃない場合は使えるメモリの恩恵を受けにくいと思います。
(FL studioだと3Gスイッチ版がスタートメニューから選べるので、
 もしかしたら有効かもしれません)
ちなみにSONAR 8 での問題なくプロジェクトが再生できる状態は2G手前でした。
(ローランドに問い合わせた時にも2Gに納まるようにとのことでした)

結論としては32bit環境時と同じと思ってもらって良いでしょう。
rewireを使う人には○。

■例2: 64bit OS 上で64bit版のDAWを使う■
Cubaseの64bit版は触ったことないので、
SONARをメインにお話していこうと思います。

64bit OS上でSONARをインストールする再に最初に
32bit版、64bit版のどちらをインストールするかチェックをいれます。
2度手間になりますが両方インストールして使い分けることもできます。
(私はこの使い方をしています、なぜかは後で)

64bit版のDAWのメリットはPCのメモリをいっぱい使えることです。
特にプラグインをたくさん使う人やトラックをたくさん使う人は恩恵を受けると思います。
ただ注意して欲しいのは、64bitDAW上で扱うプラグインは
32bitプラグインと64bitプラグインとではメモリ管理が別になるということです。

32bitプラグインは互換で動作するので4Gだったか忘れましたがメモリ制限がかかります。
64bitプラグインはその制限がかかりません。
なので同じプラグインで64bit版が用意されてる物なら64bit版のプラグインを
使ったほうが良いことになりますね。

SONAR 8に関して言うのなら、ほとんどのプラグインで64bit版が用意されてるので
困ることは少ないと思います。

■互換について■

さて、ここからは64bitDAW上での32bitプラグインについてです。
基本的に互換で動作します。
SONARの場合だとプラグインのGUIの上のとこに水色のバーが入るので
互換なのかすぐわかると思います。

DAW側でスキャンしてエラーを出さない場合は、ほとんどの場合
問題なく使えるでしょう。
ただ、実際に呼び出してGUIが出るときにエラーする物も
フリーのプラグインであったので注意しないといけません。
フリーの物で動作が不安定になる物もあるので、結局、動作テストしないとなんです(´・ω・`)

メーカー製の物でも
オーソライズ時に別窓が出るタイプは、この窓が出なくてスキャンを終えられないトラブルを
起こす物もあります。
(IK製品やAntares製品など)
iLokの必要な製品のデモ版でもこの症状がでる物がありました。
*追記*
スキャン時やプラグインを挿す際に「デモ状態だよ!試す?」みたいな窓が出るタイプが
上のトラブルを起こす原因になる場合があるのです。
*追記ここまで*

上のトラブルもほとんどの場合、32bit版DAWでオーソライズすれば
それ以降はオーソライズ窓は出ないので64bit版DAWで普通に使えるようになります。
なので保険として32bitホストを入れておきましょうと私は思うのです。

64bit DAW上で必ず32bitプラグインが互換で動くとは限りません。
有名所だとWavesがそうですね。
なので手持ちのプラグインを確認して他の物に置き換えれない物がある場合には
64bit OSで32bit版のDAWを使う方向になるでしょう。

なのでいきなり全部64bit DAWに切り替えるより32bit版,64bit版をインストールしておいて
プラグインが使えるかをテストしつつ移行したほうが良いでしょうね。

■Rewireについて(追記)■
この記事をアップした際に書き忘れがあったので追記します。
64bit OS上で32bitホスト同士をRewireで繋ぐ際には何も問題がありません。

問題なのは、
64bitホストと32bitホストではRewireで繋ぐことはできません。
(うちの環境でのテストなのでSONAR→FL studioや
 VOCALOIDエディターでの検証だけなので本当にできないのかはわかりません)
(FL studioに限ってはVSTiとしてやマルチとして呼ぶことは問題無いようです)


■Windows 7 について■
RC、RTM、評価版とサブPCでの触った感じでは
現行のDAWやプラグインなら問題なく動作すると思ってよいと思います。
あくまで手持ちのプラグインやらデモ版でテストしただけなので、
全部が全部そうとは言い切れませんが、
SONAR 8、FL studio、Cubase LE、Studio One、Liveは動作しましたし
同梱のプラグインも問題ありませんでした。
Vista環境で動いている物は大丈夫だと思います。
Win 7もVistaも兄弟みたいなもんですしね。

■64bit OS導入時の注意点■
自宅での録音や制作で使う場合、
接続してるハードウェアの64bit版ドライバがあるか確認してください。
例えばオーディオI/F。
「ドライバは互換では動きません」ので必ず自分の使ってる機材の
メーカーが対応ドライバを配布してるかを確認してくださいね。

現状ではまだwin 7用としてる物は少ないと思いますが、
Vista用のドライバをインストール時にプロパティの互換から
Vista互換にすれば動作する物もあります。
(ローランド製品がこれにあたりますね、うちだとUA-25EXとPCR)
*追記*
ローランド製品はWindows 7用ドライバが32bit,64bit版ともに公開されました。
なので、そちらを使いましょう。
*追記ここまで*

■■■
だらだらと書いてみました。
間違ってるところがありましたら、コメントでご指摘ください。

書いてる私はというと、Windows 7の評価版があと50日ぐらい使えるのと
今の曲が終わってないのと、
SONAR 8.5のアプグレ版がきたら再セットアップしようと思ってるので
しばらくはVistaメインのままです。
Vistaはいい子なんですよ!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie機材
Genre音楽 ThemeDTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。